アクセスカウンタ
今日 : 212212212
昨日 : 396396396
総計 : 2501857250185725018572501857250185725018572501857
メニュー
コミュニケーション
現在進行系
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

  • カテゴリ 戸沢 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

生涯現役 - 戸沢カテゴリのエントリ

大友高雄さん (おおとも たかお) 

カテゴリ : 
戸沢
執筆 : 
hitomi-a 2013-3-15 13:15
●戸沢村古口地区在住 ●昭和10年生まれ ●趣味: 一杯呑むこと ■最近は最上川船下りの番屋に在る“おしん舟”の骨組みを作りました。舟の屋根の部分も地域のみんなで協力して、藁を材料に編んでいます。元々は大工を生業にしていたので、家はたくさん作りましたが、今では船の骨組みや、みんなが色んな作業するときに使う色んな道具を作っています。おしん舟の骨組みは曲がり木を使うので、素人ではなかなか難しいでしょうね。もちろん、私も舟を専門にしている訳ではないので、みんなと共に試行錯誤したりして、色々と工夫して取り組んでいます。「幾つになっても勉強!」素直にそんな気持ちです。仕事で大工をやっているときには手を付けなかった素材も、地域づくりや仲間の為なら歓んで扱います。グランドゴルフを楽しみながら、楽しく元気な毎日を送っています。

和田重治さん (わだ じゅうじ) 

カテゴリ : 
戸沢
執筆 : 
hitomi-a 2013-3-15 13:13
●戸沢村古口地区在住 ●昭和4年生まれ ●趣味: ものづくり・盆栽  ■最上川船下りの船頭を定年まで勤めていました。その頃、職場で扱っていた門松の作り方をみんなに教えたのがはじまりで、その後は炭焼を教えたりして、交流事業や地域文化の伝承を楽しくやっています。 船会社に勤める前は本職の“炭焼き”でした。炭を焼くことはもとより、窯の作り方から維持管理まで、若い時に身に付けた技が今に活かせて、生き甲斐になっています。今、木炭を焼く所は増えていますが、窯を修理しながら使い続ける技術はなかなか伝わっていないので、元プロとしてはこれからが頑張りどころ。なんでも美味しく食べて、ほどほどに晩酌するのが、私の元気の秘訣です。が … みんなとの交流や自分の技術がみんなの役に立っていること、それを実感できることが、一番の元気の素だと思います。

大友正俊さん (おおとも まさとし)

カテゴリ : 
戸沢
執筆 : 
hitomi-a 2013-3-15 13:11
●戸沢村古口地区在住●昭和12年生まれ●趣味: みんなとの会話・情報交換 ■もともと会社員をやっていました。なので、その時のノウハウと言うか、人とのつながりを生かして、交流事業などで“人と人をつなぐパイプ役”みたいなことをやっています。農業機械の営業所に勤めていたので、地域活動を進める際の経理や外渉など、事務局的なところを引き受けています。そんな自分の経験から、地域の方々が自分の仕事や職場、家族や家庭のことだけで暮らすのではなく、もっと地域の活動に参加して欲しいと思います。みんなが自分の特技を持ち寄って“力を合わせて事を成す楽しみ”に是非とも気付いて頂きたいと、日々のコミュニケーションを大切に、会話を楽しみながら頑張っています。とは言え、何事にもプレッシャーが掛らないようにするのが大事。「あなた任せで友達だ」の精神でのんびり楽しくやっています。

菊池清一さん (きくち せいいち)

カテゴリ : 
戸沢
執筆 : 
hitomi-a 2013-3-15 13:09
●戸沢村古口地区在住 ●昭和10年生まれ ●趣味: 楽しく生きること   ■「集まって楽しくやろう!」「とにかく動こう!」をモットーに、地域活動団体“北の妙創郷大学(きたのみょうそうごうだいがく)の学長を務めています。フィールドワークに来る山形大学の学生や、地域の子供たちとともに”高齢者の生き様に学ぶ“をコンセプトに、武骨で素朴な体験学習を行っています。「荒々しい自然の中に老木がしっかりと生きている姿」を想い、厳しい自然環境でも手を取り合い支えあって生きていく知恵を後世に伝えたい、しかし、肩ひじを張らずにしなやかに。大学生との活動が一人暮らしのお年寄りへの“除雪ボランティア”に発展するなど、交流を通じて多くの方々が我が地域を訪れてくれるとき「戸沢村に生まれ、ここで暮らせてよかった!」と実感します。誰もが一日一日と齢を重ね、年老いて行きますが、毎日「楽しく行こうや!」との気概で暮らしているから元気なのでしょうか?

門脇憲一さん ( かどわき けんいち )

カテゴリ : 
戸沢
執筆 : 
hitomi-a 2013-3-15 13:06
●戸沢村古口地区在住  ●昭和7年生まれ ●趣味:人との交流・ものづくり    ■私の活動は、古口小学校からの呼びかけに応えて、子供たちとのふれあい活動から始まりました。その後、平成14年には学校週5日制がスタートして、ますます子供たちと共に学習する機会が重要になり、学校やPTA、地域の方々と足並みをそろえながら“炭焼き体験”や“メダカの学校”、“たんぼの学校”など、子供たちと一緒に地域の伝統文化や自然を直に楽しみながら学ぶ活動をつづけてきました。こうした活動がやがて“乙夜塾(おとやじゅく)”と云う団体になり、30名ほどの仲間がともに活動しています。乙夜塾の名称は地域の里山(乙夜峰)からの由来で、私たちが子供のころから四季を通じて遊び学んだ場所です。自らが童心に返り、子供たちや次の世代に地域の伝統文化を楽しく伝えていきたいと、少し忙しくなりすぎた感もありますが、初心を忘れずに頑張ります。
ブログ カレンダー
« « 2017 3月 » »
26 27 28 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
アーカイブ
ブロガー一覧
カテゴリ一覧
Powered by MogamiGenkiLab© 2009-
Theme designed by OCEAN-NET