アクセスカウンタ
今日 : 415415415
昨日 : 396396396
総計 : 2536529253652925365292536529253652925365292536529
メニュー
コミュニケーション
現在進行系
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

元氣爆発ブログ - 最新エントリー

外の人とのネットワークを作って、人と人の力で新庄最上を活性化させようという、大いに飲み、語るイベントの募集が始まっています。すでにFB(フェイスブック)では、県内外から申し込みが来ています。まだの方はお早めに申し込んでください。とりあえず、この書き込みにでも、または事務局(押切)まで とき  6月30日(土)午後6時から ばしょ 食彩の宿おくやま(旧新庄第一ホテル) 会費  4000円、女性3000円 定員  80名(会場の都合で) お酒など持ち込み、寄付大歓迎です。

ランチのご紹介

カテゴリ : 
単に元氣な話し
執筆 : 
kimihiro-o 2012-6-4 21:25
最上の元氣研究所の舟形支部研究員である叶内昌樹さんは、舟形町の若者で構成するTMプロジェクトfの代表を務めています。 彼は、「縄文の女神」が国宝に答申される前から、TMプロジェクトfが主体となった発掘20周年のイベントを企画していましたが、そんな彼の仕事場「き乃川」でこの度ランチをすることにしました。 「き乃川」は居酒屋として町外の方も利用者が多く、独創的でありながらも繊細な味付けや店の雰囲気が良いことから特に女性に人気の店です。 町内では、冠婚葬祭で良く使われ、というのは、オードブルも味・ボリューム・見た目、全てが値段以上であり、そんな関係で、日曜祭日関係なく忙しい毎日を過ごしています。 更に驚くことは、どんなに遅くに店を閉まっても、翌朝の仕入れは欠かさず自分で行く、ということ。そういう忙しい中でもTMプロジェクトfの代表として地域づくりに加わっていく、という姿は、なんというか、やっぱり「えらい」ですよね。(その他、保育園の保護者で組織する「男組」の組長、保育園の保護者会長もやっています) 自分のことで手いっぱいで忙しい、という感じの方が多い中、やっぱり、「気持ち」ですよね。やらなければならない、という「気持ち」。発掘20周年のイベントは「縄文炎祭」として8月4日(土)・5日(日)に行われますが、そのプレイベントを去年の10月に行いました。その際も、自分ひとりで会場整備をするなど努力を惜しみません。そんな姿を見ていると、やはり、1人、2人と同志が集まってきます。 と、こんなに忙しいのに大丈夫?と思いながらも、「き乃川」で本日よりランチを始めました。日替わりのメニューもあるのですが、今日ご紹介するのは3つ。「地鶏マッシュカレー」はに舟形マッシュクリーム産のマッシュルームに山形地鶏を使っています。その他、トッピングでサラダやゆず豆腐等がありますが、これらはそれぞれ50円。今週はサービス期間中のため全て500円。写真のカレーは合計600円となります。次に刺身ぶつ切りめかぶ丼。ご飯ものは全てご飯の量を選べます(大・中・小)が、値段は同じ500円。縄文女神ラーメンのチャーシューはもちろん山形地鶏。 明日は、縄文炎マーボー豆腐定食が準備されているとか。その他、予約制ではありますが「縄文の女神弁当」も考案中・・・。 今週末の6月8日から10日まで、「縄文の女神 里帰り展」を舟形町中央公民館で行われますが、「き乃川」は中央公民館のすぐ前。「里帰り展」とともに「き乃川」のランチも楽しんではいかがでしょうか。 「西の前土偶里帰り展」の詳細はこちら↓http://www.town.funagata.yamagata.jp/upload/1/20120522_satogaeri1.pdf

祝 国宝指定 縄文の女神

カテゴリ : 
無題
執筆 : 
kimihiro-o 2012-4-21 1:29
西の前遺跡から出土された土偶がこの度「国宝」となりました。 素晴らしい! 舟形町の、最上の新しい元気です!誇りです! さて、この土偶について以下のようにまとめます。 土偶の年代は約4,500年前。高さは日本最大の45僉J神4年に出土され、平成8年に「県有形文化財指定」平成10年「国重要文化財指定」。重要文化財のうち学術的価値が極めて高くかつ代表的なもの、という指定基準により平成24年4月、発掘20周年を記念してか「国宝」となる。所有者は山形県で保管は山形県立博物館。 国外での展示は、平成10年フランス、平成12年中国、平成17年ドイツ、平成21年イギリス。非常に大きく安定感があり、この土偶の形は「西の前タイプ」として、学術的に東北地方南部を代表する型式とされている。 「国宝指定」を記念し、6月8日から10日まで、舟形町中央公民館で里帰り展が開催され、更に、縄文の女神が発掘された8月4日に縄文炎祭が「ふながた女神の丘」で開催される。↓ http://www.town.funagata.yamagata.jp/upload/1/gougai_omote.pdf 山形県立博物館では6月30日から9月17日まで展示。 ということで、舟形町では今後「縄文の女神」を起爆剤として、色々な企画を展開を実施していく予定です。・・・。午後6時からのニュースを見ていたら舟形町長が「エージェントと連携した取組を展開していく」と言っていました。担当者として今日から動き出すわけで、このHPをご覧のエージェントの方々。舟形町ヤクザ取立て課恫喝係の大場までご連絡をいただければ幸いです。よろしくお願いします。 さて、ついでですので「国宝」についてあれこれと書いてみます。(間違っていたらすいません)H24.3.1現在日本の国宝は1,082点。内山形県は6点。(縄文の女神は山形県では6点目)山形県には致道博物館所有の「太刀 銘 信房作」と「太刀 銘 真光」、出羽三山神社所有「羽黒山五重塔」、米沢市所有の「紙本金地着色洛中洛外図」と「上杉家文書」。これに「縄文の女神」が加わる。1,082点の国宝の内土偶は僅かに3点。長野県茅野市米沢棚畑から出土されたもの。北海道函館市著保内野遺跡から出土されたもの。青森県八戸市風張1遺跡から出土されたもの。これに舟形町西の前遺跡から出土された「縄文の女神」が加わり、土偶の国宝指定は4点となる。ちなみに、報道では西の前遺跡から出土された土偶を「縄文のヴィーナス」としているが、この「縄文のヴィーナス」は、既に国宝に指定されている長野県茅野市米沢棚畑から出土された土偶を「縄文のビーナス」としていることから、これと区別するため、西の前遺跡から出土し今回国宝の指定を受けた土偶は「縄文の女神」とすることにしています。

日本一の米

カテゴリ : 
無題
執筆 : 
kimihiro-o 2012-3-29 23:25
ご無沙汰です。 山伏ブログと湯治ブログだけのHPにちょっと失礼いたします。 これは去年の話です。 国からNHKが委託された・・・、と、その辺の記憶は定かではないのですが、とにかく震災により日本全体が危機的状況と思っている海外の方々に、日本の現状と日本の食が安全であることをPRするための番組作成のため、香港の撮影班がミス香港2名をリポーターとして取材に来ました。北海道から九州まで日本全国の取材です。 一昨年、東北の観光資源PRのため取材に来ていただいた方々が主なスタッフでしたので見覚えのある方々もあちらこちらに。 で、何故、震災イメージ払拭のための取材が舟形町長沢に来たのか。 日本の食材を取材する中で欠かせないのが米。この米の取材のため事前打ち合わせにNHKのスタッフがこちらに来たのが10月中旬。11月23日に稲刈りの取材をしたいが、その時期に稲刈りの取材に対応できるところは日本全国を見渡しても舟形町長沢のあの水田しかない、ということ。 更に詳しく聞いてみると、日本一の米は「新潟県魚沼産のコシヒカリ」。しかし、その時期当然稲刈りの撮影はできないので、稲を刈るシーンだけを撮影し、そのシーンは「魚沼産コシヒカリ」の稲刈り風景として放映したい、とのこと。 ふ〜ん。そうですか・・・。えっ!? それって大丈夫? 偽造取材じゃないの? それに、「魚沼産コシヒカリ」には何の恨みもないが、それでも何で「魚沼産コシヒカリ」のPRのために使われなければならないの? 長沢の映像を使うことに魚沼では了解しているの? いやいや、根本から間違っている。 日本一の米が「魚沼産コシヒカリ」ということでブランド化されていることは分かるし、「米の食味ランキング」で「特A」を17年連続(H23.10月現在)とっていることも知っている。しかし、「山形産はえぬき」も「特A」を17年連続(H23.10月現在)とっている。17年連続は「魚沼産コシヒカリ」と「山形産はえぬき」だけ。さらに、「山形産コシヒカリ」だって平成17年度から連続で「特A」。さらにさらに、「ひとめぼれ」だって平成16年から連続「特A」(確認できる範囲)だし、当然「つや姫」だって「特A」。4銘柄が「特A」なんていうのは日本全国山形県以外ない。それに特筆すべきは、他県では同じ銘柄であっても地域別に「特A」でないところがあるのに対し、山形県では、4銘柄が全県(全地域)において「特A」。どうだ!⇒ http://www.kokken.or.jp/ranking_area.html ということで、急遽、日本一の米どころとして山形県が紹介されることとなり、魚沼では日本酒を紹介することになりました。 が、しかし、撮影日の11月23日は降雪のため稲刈りのシーンが撮影できず。 そこで急遽米の精米風景を取材することに。 長沢地区にある米の出荷業者「大場惣吉商店」の若社長は私の1つ後輩。結構強気でお願いできる立場を利用して、何とか夕方には精米できる準備をする、ということに。 そして、夕方までの時間を利用し、民家を借りてご飯をつくり、食べるシーンを撮影。食べるときは大勢で食べるのが長沢の習慣?とばかりに和やかに撮影は終了。舟形町長沢での取材なので無理にお願いし「松原鮎」を大きく取り上げてもらい、「イナゴ」も食べてもらった。香港の人は本当に何でも食べます。 この間に準備していただいた精米についても無事撮影終了。 と、その時、香港のスタッフと「大場惣吉商店」の若社長が立ち話。なんでも、日本の米は高級でなかなか食べられないので、ここから直接売ってほしい、とのこと。 輸出になるけど大丈夫?税金はかからないの?と心配してしまいますが、香港では20kgまでは税金が課税されないし、船での輸送であれば日数はかかるが送料は格段安いとか。 香港のスタッフが言うには「日本の米は美味しい。美味しいものは多少高くても買いたい」とのこと。 対外国なので分からないことが多いですが、これってビジネスにならないの?って考えてしまいます。メールで注文は簡単だろうし、支払いはカード対応とか。 ちなみに、その後「大場惣吉商店」に米の追加の注文はないの?と聞いてみたところ残念ながらないそうです。 ・・・。 香港での放映は2012年1月9日から20日までのゴールデンタイムに放映され、大変好評で、よくわからないが何らかのランキングで1位になったとか。 放映は山形と新潟と鹿児島が一緒になっているようで、「勁食日本一の鹿兒島醋嗜袖蹇廚埜〆すると放映内容が見られると思います。(Yafooだったら上から2番目以降が良いかも) 人事異動にも該当せず、来年度も舟形町の観光と産業の振興に携わることになりました。24年度は「CSA」に向けて手探りではありますが、舟形町でできるところから始めるべく準備を進めておりますし、進捗状況も報告できれば、と考えております。

ちょっと自慢してもいいですか?

カテゴリ : 
無題
執筆 : 
kimihiro-o 2012-2-1 18:12
「親ばか」という言葉が自分にとって何よりの誉め言葉と思って8年が過ぎました。 そのような中、今年の1月29日(日曜日)に二男(年長児)の健護が岩出山の行われた柔道の大会で準優勝しました。大会に同行したのは鬼嫁であったため、どのような大会なのか良く分からないのですが、しかし、好成績には変わりなく、指導していただいている丹野道場の先生方のお陰と感謝しつつ、「すごいな〜」と感心してしまいます。 と、これも自慢の一つには変わりないのですが、メインはここから。 1月29日は長男(2年生)康生のスキー大会であり、赤倉のリタ姫のように優勝とはいきませんでしたが11人中4位とがんばってくれました。 スポーツには自身がある私ですが、スキーは苦手であり、その血を受け継ぐ息子にしては大健闘でしょう。 で、そのスキー大会の反省会。各集落ごとに反省会をする習わしで、更に、その場に学校の先生が各場所にそれぞれ配属されて、先生も一緒に反省会を行うのですが、今年は私の地区の反省会には康生の担任の先生が来てくれました。 飲みながら当然息子のことについて先生と話をすることになるのですが、先日「長沢の宝物は?」という授業をやったそうです。 「良い事業ですね〜」なんて言っていると、その先生が、「康生君は長沢の宝ものはお父さん」と発表した、と教えてくれました。 「えっ!!」 「うぅ〜、がんばってきたかいがある。これからもがんばろう」 ということで、ちょっと自慢してしまいしまた(笑)

テスト

カテゴリ : 
単に元氣な話し
執筆 : 
t-igarashi 2012-1-24 16:16
テストです。どうでしょう?  
★ま、なんとかなりそうですね〜!
元氣研究所も3年経って … 日々、少しずつ … 日進月歩で … 進化しております!
事務局の五十嵐徹さん、システム担当の菅原たたみくん、そして事務局長の温泉親父の合作テストでございます!

★農天氣の諸君もブログアップを頑張るようにね〜!

青猪忌??

カテゴリ : 
無題
執筆 : 
teturyu 2012-1-22 16:51
・・・青猪忌って判りますか?判る人は相当の「通」です。有名な文学者の亡くなった日を記念して、よく植物や動物の名を付けた記念日を作ります。例えば、藤沢周平さんは1月16日が命日で寒梅忌、司馬遼太郎さんは2月12日で菜の花忌、太宰治さんは6月19日で桜桃忌のような具合です。では青猪忌は?。これは山形の生んだ偉大な詩人「真壁仁」をしのんで、付けた記念日です。命日は1月11日。・・・まさか青猪って判らないなんて言う人はいないでしょうな。青シシ・・県の獣です。かもしかの別名ですぞ。・・・毎年、一月に山形ゆかりの人が出版した文学作品の中から一人に、真壁仁を記念した野の文化賞を送っています。かつては赤坂憲雄先生も「東北学」でもらっています。今年は、何と、我が新庄の「大原蛍」さん。彼は本名は渡部泰山と言って、拙僧の同級生でもあります。本の題名は「東北芸術文化の水脈」。要するに真壁仁、岡本太郎、永山一郎・・など、詩人、舞踏家、画家などの芸術家の芸術論、批評論文です。ちょっと硬い本ですが・・睡眠導入薬としての効果も期待できる本です。




これが認められたのです。彼はこれまでも、戯曲や評論集を多数出版しています。新庄最上を中心に活動している演劇集団「東北幻野」の主宰者としても有名です。今度、3月10日の最上の元氣研究所でも、新庄で対談講演してもらうことになっています。楽しみです。いずれにしてもおめでたい快挙です。22日に山形市で行われた表彰式には山大の結城学長やシベールの熊谷会長、千歳建設の千歳栄会長・・・のほか新庄最上からも多数出席しました。東北幻野の関係者、鈴木芭蕉ライン社長、同級生、教員仲間・・・そうそう湯治親父の顔もありました。拙僧のほかにも山伏がいました。月山に今年、経塚を作った星野大先達です。
彼の交際の広さを物語っていますが

認定こども園めごたまの給食

カテゴリ : 
爆発研究ネタ
執筆 : 
s-numano 2012-1-18 10:27
認定こども園めごたまの給食の様子を見学に行きました。


認定こども園めごたまの給食は地産地消を目指し、地元の農家の人たちの協力してもらいながら、
子どもたちにとってより良き成長の糧になる給食を目指しています。


広い空間でみんなで食べる給食。
子どもたちは給食をとても楽しみにしている様子。
先生たちが配膳してくれるのを一品一品並んで貰いに行く女の子たち。
今日の給食当番は女の子だそうです、男の子はきちんと座って待っています。

めごたまの給食は食材から調味料まで子どもたちのことを考え選ばれています。
食器に関しても落として大丈夫なプラスチックではなく、
物は大事に使わないと壊れてしまうことを教えるためにきちんとした食器を使用しています。


さぁ、みんな揃っていただきます!

子どもたちは上手に箸を使ってお友達と楽しそうに食べていました。

一人の女の子にインタビュー。
「おいしいですか〜?」
「ハンバーグ、おいしい〜」と笑顔で答えてくれました。



去年は7月〜10月の4ヶ月間は金山で生産されている野菜の56%(7品目については100%)自給することができました。
今年は地元の野菜などで作れるレシピを考えるなどして6月〜11月で自給率70%を目標に挑戦するそうです。




地産地消を導入したくても学校給食は、学校の人数分を短時間で調理しなければならないことと安定供給が求められるため
中々導入することができないことが現状のようです。

その分、幼稚園のようなところでは地産地消を導入しやすいみたいです。



これから成長していく子どもたちにとって大事な食の問題。
誰かに完全に任せてしまうのではなく、子ども持つ私たちがまずは食について興味をもつことが大事なのかなと感じました。
あけましておめでとうございます。

今年一発目の記事は


五十嵐研究員のハスキー犬マーブルちゃんも活動している
アニマルセラピーグループテンダーハンズのクリスマス会です。


テンダーハンズは月に一回福祉施設でアニマルセラピーの活動をしています。

アニマルセラピーは人の心の孤独やストレスなどを癒してくれるといわれています。
動物との関わり、ふれ合いが、心に効果をもたらすことが、注目されてきています。
でもまだまだ人手不足らしいですね。



福祉施設のみなさん、動物たちが来るのをとても楽しみにしているようでした。



大型犬、小型犬、そしてまるで置物のような物静かな猫。
みんな人懐っこくて可愛いらしい。


みんなでゲームをしたり、歌を歌ったり、クリスマスプレゼントをワンちゃんから貰ったりと人と動物が一緒に楽しめるクリスマス会でした。

すぎのこハウス

カテゴリ : 
爆発研究ネタ
執筆 : 
s-numano 2011-12-27 8:30
先日、指定障がい福祉サービス事業所 すぎのこハウスさんを取材させていただきました。


すぎのこハウスでは毎週火曜日に音楽の好きな人たちで結成された「すぎのこバンド」の練習をしています。

その練習風景を見学させていただいたんですが、
どう説明すればいいか〜、とにかく私はすごく感動したんです。
こんな気持ちにさせられるとは・・・。
みんな、音楽を心から楽しんでいるようでした。



みなさんも一度聞きにいってはどうでしょうか?
地域の行事やイベントで披露しているそうですよ。



すぎのこハウスを利用されている方は18歳以上で在宅の知的障がい者の方、身体障がい者の方、精神障がいの方です。
障がいを持つ人たちが、仲間と共に働き活動することにより喜びを見出し、互いに尊重しながら助け合い、人々との交流を深め、心豊かな生活が送れるように支援しています。

活動のひとつにお菓子作りがあります。
すぎのこハウス内に作業場があり、ケーキやクッキーを焼く大きなオーブンからは甘い美味しそうな香りが〜。
チーズケーキを食べてみましたがとても濃厚で美味しいんですよ〜。



ここでは作るだけではなく、販売活動もしています。
市内の店舗(まゆの郷、もがみ物産館、南十字星稼秀屋、ヨークベニマル新庄店)やネット販売もしています。

http://item.rakuten.co.jp/yamafuku1/

楽天ふれあいショップ

是非一度お試しあれ!



来年はすぎのこバンドの練習風景ではなく本番を見に行きたいです。
ブログ カレンダー
« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
アーカイブ
ブロガー一覧
ブログへのコメント
ブログをご覧の皆様へ

ブログへのコメントは自由に書き込めます。

コメントししたい記事タイトル文字部分、または各記事の終わりの部分にあるコメント()とある青い文字の部分をクリックすると、画面下に記入欄が出ます。

ドンドン、コメントお寄せ下さい!!
Powered by MogamiGenkiLab© 2009-
Theme designed by OCEAN-NET