アクセスカウンタ
今日 : 136136136
昨日 : 340340340
総計 : 2513918251391825139182513918251391825139182513918
メニュー
コミュニケーション
現在進行系
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

農天氣ブログ - 最新エントリー

 先週の13、14日にJA青年大会の北海道・東北ブロック大会が本県山形国際ホテルにて行われたのである。知っている方はお分かりであろうが、ひょんな事からJA青年の歌コンクールの県代表となってしまった私。今回は北海道・東北それぞれの代表が、全国大会への切符を奪うべく集まったのである。もちろん、JA青年大会は歌のコンクールだけではなく(それではのど自慢になってしまう)、青年の主張発表や組織活動発表の大会でもある。
 そしてなんと記念講演にはあの渋谷ギャル社長、『ノギャル』を生んだ藤田志穂さんが登場!それを見たいが為集まったのか?今大会には総勢300名以上の参加となったのである。
 まぁー1/3は山形県各支部から集まったものとしても、外は他県からの参加であろうから雪の多い中大変です。それでもこの二日間は、最近の雪続きの空模様とは打って変わって晴れ。気持ちが晴れない私への当てつけか?なんて朝からぶつぶつ一人で愚痴ってると妻からは「大丈夫?(たぶん、頭がって意味)ていうかほんとに今日青年部で泊まりなの?」と言わないまでも目が言ってるので、目を合わせず家を出てきた私。あぁぁーー、これではさらに怪しいではないか?いつも後になってから後悔をしているのである。だから後悔と書くのだろうが・・・。
 さて、この日は同じ青年部に属してる農天氣の椎茸屋高橋ニュービートルに乗車し出発である。可愛らしい車にむさくるしい30代男3人が乗るとはさすがにニュービートルも想定してなかっただろう。してやったり、なんて悪代官並みの笑みを浮かべつつ新庄〜尾花沢道路を山形市へ向け南下していると、なんと道路が凍結しズルズルではないかぁ!と思った矢先、カーブで滑りあわや一回転しそうになる。これでは危うくフンコロガシである?転がっているのがフンで?転がしているのがフンコロガシで?俺はフンか?いやいや車の話である。朝から相当な緊張のせいで会場に着く前にこんな具合である。車どころか自分が滑ってしまいそうな予感。天気が羨ましい・・・。
 何度か危ない思考を繰り返しつつ、何とか無事に会場の山形国際ホテルに到着。早速会場入りしたものの、広い会場と椅子の数は想像を超し(ここで今大会の参加人数を知る)、さすがは北海道・東北ブロック大会侮れません。
で結果は?とせっかちな人もいるだろうから先にご報告致します。なんと最優秀賞を・・・をのがし優秀賞でした。応援して下さった方ありがとう!全国大会の日比谷公会堂には行けませんが、後悔もありません。無くもないのですが、朝の出来事を除けば・・・。いい経験をさせて頂きました。
大会が大きくなればいろんな奴が出てきます。拳を振り上げ歌う奴、一升ビンを飲みながらや歌手並みに衣装を決めている者、歌いながら入場してきたりと。それぞれの県で勝ち抜いてきたこの中で、最優秀賞の次の賞である優秀賞を貰えた事は大変嬉しい事です。


ただ、最優秀賞以外皆さん優秀賞という事を除けばであるが・・・。

産直まゆの郷〜☆

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2011-1-14 20:18
今日は新庄市十日町の産直【まゆの郷】に立ち寄ってきました。新庄駅から国道13号線を金山町方面に進み、ヤマダ電気さんを過ぎたあたりの左手に新庄市エコロジーガーデンがあり、その一角に産直があります。ここは、去年の夏に劇団【どくんご】のテント芝居をした思い出の場所でもあります。

雪の中で営業しているのか不安なまま、行きましたが、除雪もきちんとされていて、駐車場は車でいっぱいでした!

産直まゆの郷は、会員約120名(皆さんが生産者!)で組織する、『しんじょう産地直売所運営協議会』によって運営されているそうです。



店内には所狭しとお花やお米、野菜、漬物、お肉、手作り小物などが並んでいます。包装の仕方などにも生産者の方のこだわりが見受けられます。見たことのない野菜や豆などもあり、見でるだげでもおもしぇ!元氣研究員の方の商品もあるかなと、探してみたのですが見つけられませんでした。。。

写真を撮りたいのでご挨拶を、と思い、協議会副会長の高橋さんに名刺をお渡しして、お話をしていたら、なんと高橋さんの奥様が出産されたときに私の母と相部屋だったというすごい事実がが発覚!地元に帰ってきてから、こういう偶然がよくあり、人と人とのつながりを感じてなんとも嬉しいです。



今日は、旅館に飾ろうと思い、新庄氏の早坂さん制作の【福雀】というクルミの人形と、十日町のNPO,「すぎのこハウス」さんのチーズケーキを購入しました★

お値段もお手頃、何より地元の新鮮な野菜が手に入るということ、生産者さんの顔が見えるというのがここの強みだと思います!車で行けば新庄駅からもすぐ。広い駐車場もあります。みなさんも是非お立ち寄りください!!

お問い合わせは〜

『産直まゆの郷』
住所:〒996-0091 山形県新庄市十日町6000番の1
TEL:0233-23-5007
運営主体:しんじょう産地直売所運営協議会
営業時間:朝9:30より、夕方18:00まで
定休日:年中無休(!!)

新年!気分あらたに!!

カテゴリ : 
農作業
執筆 : 
takayuki-y 2011-1-6 19:20
 あけましておめでとうございます。 年末一瞬大雪に見舞われ、除雪に追われ首がおかしくなってしまいました!!(後ろ向いて作業している為。)
年明けニュースで積雪100僂覆匹噺世辰討い燭里任匹Δ覆襪海箸と思っていたら・・・晴天ではないですかー こちらに来て初めての体験だったかもしれません  あまり良い事がなかった昨年ではありますが、気分新たにがんばって行きますよ〜(ブログも)
 
←かたずけて、植える準備中!!

舟形町まんさく〜♪

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2011-1-4 9:22














2度目の挨拶になりますが、みなさま明けましておめでとうございます〜★村井三女デス。

今日は、舟形町の産直、「まんさく」を紹介したいと思います。

新庄市から国道13号線を通って舟形町に向かうと左手に大きな「まんさく」の看板が見えます。

新庄もがみ農業協同組合 舟形支店として、平成13年10月に移転オープンしたそうです。

店内はとても明るくていい雰囲気です。品揃えが豊富で、野菜や果物、漬物やお菓子などの加工品、贈答品などいろんな商品を取り揃えています。

まんさくの隣には農産加工室があり、ここで、40代・50代を中心に約35名いらっしゃる地元の会員農家の方が栽培した材料を使って加工品を作っているそうです。

食品添加物を使用しないというこだわりも人気の秘密です。

私はこの日、手作りのかぼちゃのケーキを購入しました★稲葉さんの勉強会に参加された方、そう、あれです。私の手作りというのは嘘

施設内では、地元産のそば粉を使った手打ち蕎麦も食べられます。今度は蕎麦食べくっちゃ。皆様も是非お立ち寄りくださいまし♪

【産直まんさく】
所在地/山形県最上郡舟形町4421−2
TEL/0233−32−8155 FAX/0233−32−8156
営業時間/9時〜17時30分 (定休日 水曜日)

真室川 お菓子の平和堂のおはなし!!

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
takayuki-y 2010-12-31 8:59
今年もいよいよ終わりですね。今年は100年に一度とかいうありがたくない猛暑のおかげで大変な目にあってしまいました。 まぁすべて気候のせいにするわけにはいきませんが、気持ちがしずんでしまって今に至っております。 先日の勉強会のおかげでげ元気がいっぱいになりましたので
また色々な出来事をお伝えできればと思っております。


 真室川町の駅の近くに[お菓子の平和堂]というお店があります。
以前、総合支庁に元氣研究所プレゼンの時にこちらのマスターと会場でお会いしてそこから交流が始まっております。 マスターはこの時のプレゼンに成功して今は最上の伝承野菜をつかったスウィーツを製品化しております。 山ぶどうのマカロン、あの甚五右ヱ門の里芋をつかったタルトなど・・・いただきましたがとてもおいしかったですよ〜


店内を覗くと、とてもかわいらしいスウィーツがずら〜とならんでおります。

 このいちごは〜?









← なんと!!名前入りで置いてもらっておりました。



 ボン・むらやまで修行されたそうで、マスターで三代目だそうです。

実はこの日来たのは娘のバースデーケーキの依頼で来たのです。昨年まで10月いっぱいで収穫をやめていたのですがサマーティアラに品種が変わった為、今年はクリスマスまで収穫しておりました!!




マスターに無理言って、いちごをこれでもか!!って言うくらい使ってくださいとお願いしました。 まさに生産者の強みです!! 写真ではわかりにくいですがかなりでかいです。







バースデケーキに自分のいちごをつかうという夢が品種が変わったおかげで叶いました。 生産者として親としてうれしいかぎりであります!!
 来年は農天氣限定スィーツなど企画してみても良いかもなどたくらんでおります。マスター来年もよろしくお願いします。

 ぜひ皆さんもお近くにお寄りの際は・・・お試しください!

お菓子の平和堂

山形県最上郡真室川町大字新町129-5


tel 0233-62-2762

しいたけ収穫〜☆

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2010-12-22 19:19


先日、農天氣委員in 泉田、高橋幸浩氏からいただいた【しいたけ栽培キット】。わたしのしいたけたちがようやく食べごろの大きさになったのでおいっこと一緒に収穫しました。

しいたけは温かい場所の方が生育が早いようです。ちょっと寒いところに置いてしまっていたので、ゆっくり大きくなっていましたが、部屋を暖かくしていた日は、次の日の朝見ると1cmぐらい大きくなっていてびっくり!

しいたけを下から見るとこんな感じです。

どうやって料理しようかと考えましたが、素材をそのまま生かすためにグリルで焼きました。

甥っ子が慣れない包丁でしいたけに十字の切り込みを入れています。

魚焼きグリル。弱火で約15分。

できあがったしいたけをパクリ→美味しいぃぃぃ!!!!!!!!!お世辞抜きで、感動するおいしさです☀こんなにおいしいしいたけを食べたのは初めてかも!特別しいたけファンでないはずの甥っ子も「おいしい♪」と目を大きくしていました。

収穫したてだからなのか、質感がプルプルで、味も濃くて、ちょこっと醤油につけるだけで絶品でした(涙)

まだ小さいしいたけが5つぐらい付いているので2,3日たつと食べられそうです♪全部採り終わった培地を水で洗い、強く叩くいてまたしいたけの赤ちゃんが生まれてくるのを待ちます!

全国にちらばっているシイタケモニターさんはどんなふうに料理しているのでしょうかぁぁぁぁ?(村井三女)
終わった・・・。

終わったのである。
「やったどぉぉぉーーー!!!」と吼える間もなくステージ上からずり降ろされ、次の人が紹介されている。「まー、そんなもんよねー。」なんていじけながら席まで歩いた。
会場は暗かったが、歌い終わった今、座る場所ははっきり見えた。
仲間が拍手で「お疲れさん!」と迎えてくれる。ここまでついて来てくれて良かったと思った。二言目、「どこで飲んで行く?」耳を疑ったが確かにそう言っている。もう夜の心配をしているのだ。本当にどうしようもない奴らだ。まったく飲み食いの事しか頭にないのか?ちょっとでもついて来てくれて良かったと思った自分と「新庄でが?」と何のひねりもなく返答している自分を悔やんだ。
達成感と充実感が混ざり合い、それに満たされながらパイプイスに腰を下ろした。イスの冷たさが心地いい。始まる前の緊張感は影を潜めたが、高揚しているのがわかる。
悪くないな・・・。と思った。

帰りの車の中、「来年はおまえだからね。」なんて押し付けあっているものの、またやってもいいかななんて思っている。(まったく勝手やつだ)やればなんとかなるもんだなと、いい経験をさせてもらった事に感謝しなければならない。
今日は会場でそのまま懇親会もあったのだが(審査発表は懇親会でなのだ)帰宅組みの私たちは新庄で反省会なのである。適当なところに入り、反省会と称していつも通りに飲んで帰るはずだった・・・。
この時はまだ自分のしでかした事の重大さに気付いてなかったのである・・・。

「最後のギターのやつ、やべぐねー?」
「弦、切れでっけぜぇー。」
「何か最後、『愛してるかぁぁぁーーー!』って叫んでるし。(笑)」
「やっぱり、あんぐれやんねーとだめだんね?」

飲みたいだけなのかなと思ったが、きちんと反省会になっているのである。

「んでも、あのサックスがもしんねーし。」
「あるかも。」

注文を取りに来たおねーちゃんをいじりつつ、ビールの追加をした時だった。携帯が着信を知らせた。仲間の携帯だ。

「はい、お疲れさんです・・・はい、えー今新庄で・・・はぁーそうですか・・・はい、じゃ言っときます。・・・はい、お疲れさんです。」

いつものこいつには似合わず、妙に深刻な顔をしている。何かあったのだ・・・。

「あのさぁー、最優秀賞だって・・・。」
「誰がぁー?」
「箱ちゃん!」
「んなっ!?」思わず声にならない声をあげてしまっている。
「それっておいしいの?」
「カリッと揚げて醤油をつけて・・・。」なんて返って来る訳もなく、
「まじでぇぇぇーーー!!!???」

一同顔を見合わせ、「もう一回確認してみろ!」とかなんとか言っている。
一番驚いているのはこっちである。えっ?最優秀賞?県代表?東北大会?マジで?オレが?いいの?頭はハテナマークだらけである。以前流行った脳内メーカーを今やったならば九割九分ハテナで残りはビールだろう。(普通にやると『秘』と『嘘』が半々の私。そんな俺っていったい?)

ということで県代表となり、東北大会なのである。
もうこうなったら目指すは日比谷公会堂!!(前年度のJA全国青年大会の会場です。)
その前に東北大会があるのだが考えるとお腹が痛くなってくる・・・。まさか俺だとは・・・。


東北大会は1月13、14日に山形国際ホテルにて開催。

直売所【なおちゃん】

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2010-12-18 11:00


大蔵村旧赤松小学校の近く、赤松郵便局の向かいに【なおちゃん】という直売所があります。

うちの旅館で使う野菜は、朝市で買ったり、物によっては新庄で買ったりするのですが、産直もよく利用しています。

昨日は、最近お世話になっている【なおちゃん】でキャベツ、白菜、大根を購入しました。

ここは、自宅の一部を改造して直売所にしているのですが、中には常に様々な野菜やキノコ、手作りの漬物やお菓子が所狭しと置いてあります。

基本的に無人で、お金を箱に入れていくシステムですが、買い物をしていると、「なおちゃん」やこの家のおばあちゃんが顔を出してくれて、熱いお茶をついでくれたりするのがとても嬉しいのです。

いなごのつくだ煮や、漬物は自由に試食できるようになっています。手作りの山かごも売っています。これで一つ500円!

昨日はなおちゃんがちんげん菜と紫大根をおまけで付けてくれました!




























【なおちゃん】のすぐ向かいにも小さな直売所があります。昨日はリンゴや卵を売っていました。

こういう小さな直売所では新鮮な野菜が安く買えるし、顔見知りになると、ほしい野菜やキノコを事前に取り置きしてくれたりするので大助かりです〜☆

みなさんの家の近所にもいい直売所ありますか??

ただ酒につられた私が馬鹿だったので御座います。見事というべきか何なのか、地区予選を一位で通ってしまった私。なんて事を・・・。
嬉しいのか嬉しくないのか変な気分に酔いも回らず、薄ら笑いを浮かべ、付き添いで来た数人は人の気も知らず大うけ。(なんて奴らだ・・・。)
地区予選といっても最上地域の農協各支部から参加しているので参加人数は十数人になるのである。一位になり嬉しい事は嬉しいのだが、こりゃまずいぞ。県大会じゃん!こんなんでいいの?って感じで、逆に申し訳ない。
県大会といえば、以前常連のM氏の応援で見たことがあるが、ギターでの弾き語りや段ボールでコスチュームを作って歌ってた人もいたり、結構な気合いの入れよう。県大会まで後10日。縦笛を吹くのも怪しい私にとって楽器は無理だし、歌詞を覚えるので精一杯。どうせだったら熊の着ぐるみでも着てやろうかと思ったがすかさず却下される始末。せめて頭だけでも・・・と言いかけたがさすがにやめた。
となんの作戦も衣装もなしに本番突入となったのである。
そしてついに県大会当日。変な緊張感に包まれ、会場入りするも口は渇くしおなかも痛い・・・。付き添いで来ている同じ青年部の奴らは、「昼飯どこ行く?」なんて飯の心配をしている・・・。(本当に、なんて奴らだ・・・。)

午後3時、ついにその時が・・・。

他の出場者は、各ブロックから勝ち進んで来た事もあり、ずぐにそれと判る雰囲気がある。この会場には不釣合いな、何故か覆面をしている3人組み。(あれで歌えるのだろうか?)頭にネクタイを巻き始めた二人。(酔っ払いのサラリーマンか?)ここは何の会場かと疑い出した時、出た!?ギターをぶら下げハーモニカまで装備しているヤツがいるじゃないかぁー!?さらにその脇にはサックスを今にも吹き出そうと構えているヤツも・・・。改めてここが大会会場だと思い知り、不器用なまでに何の準備も衣装も着ていない自分の浅はかさを思い知ったのである。やはり、あれに対抗するには熊の着ぐるみに縦笛しかない・・・!!!とその時、思ったか思ってないかは定かではないが(思ってません)会場から締め出されるのだけは確実だろう。
私の気持ちとは裏腹に、ノリノリで司会が進行を進める。青年大会の余興的イベントなのであろう。みんな盛り上がってね!お願い!と言わないまでも司会の必死さが伝わってくる。
そんな中、一番目の方がステージの上に。(ちなみに私は8人中4人目である)とその時、会場が真っ暗に!一瞬間を置きスポットライトが壇上に・・・。このさらに緊張をあおるかのような演出。余計な事を・・・。前回はしてなかったじゃん!これでは会場どころかお先真っ暗である。
そうこうしているうちにあと一人で私ではないかぁぁーー!?何か体が熱く、汗ばんでくる。そうこれは情熱か?JA青年組織綱領にもあった誇り高き青年の情熱ではないのかぁぁーー!?(半錯乱状態)もしくは自律神経か副交感神経がやられたかのどっちかだ。(よくわかりませんが・・・。)もうこうなったら仕方がない、余計な物などオレには一切不要!体一つで勝負!熱唱あるのみ!

「♪遥かな〜〜青空〜〜・・・・・・・・。」つづく
 12月5日の事になるのだが、JA青年部組織の山形県大会が天童温泉 滝の湯で行われたのである。地元農協青年部の執行役員の私は日曜日だというのに出席するはめに。でも出席の理由は他にも・・・。
 その前にJA青年部って?と疑問の方もおられるだろうから補足します。JA青年組織綱領から抜粋『我々JA青年組織は、日本農業の担い手としてJAをよりどころに地域農業の振興を図り・・・世界的視野から時代を的確に捉え、誇り高き青年の情熱と協同の力をもって、国民と豊かな食と環境の共有を目指すものである・・・』簡単に言えば、世界的な食、環境問題なんて俺たち農業青年の暑苦しいぐらいの情熱を集めればなんとかなるさである。(なりません。)とそんな壮大な意思を持ち活動しているJA青年部なのである。
 この日は山形県各JA青年部組織、来賓含め150名程が集まり大会が行われた。内容としては地区大会を経て選ばれた組織の活動実績発表会や青年の主張発表会、JA青年の歌「君と」山形県大会などである。
なんで私がそこにいるのかっていうと、そのJA青年の歌「君と」山形県大会出場の為なのである・・・。なんと一人でステージ上で歌う事に・・・。がががぁぁーーーーんん!!なんで歌う事になったのか?しかも県大会なんて。はぁー気が重い・・・。
 そもそもそのJA青年の歌「君」とって何?って思ってるだろうから一言で説明します。青年農業者のイメージソング・・・らしい。以下、「君と」の歌詞の一部です。


『君と』

遥かな青空 君と交わす微笑を
翼広げ 飛び立つように この思い高まって

恐れることなく 世代を超える君とともに
夢を求め 語り明かした 青春は限りなく

だから 春夏秋冬
新しい生命 大事に育てていこう
そして 喜び悲しみ
君と分かち合い 幸せ築いていこう






  この爽やかさ満点の歌を何故歌うはめに?前年度までは歌謡愛好会にも属してる県大会常連のM氏が歌っていたのだが、今回は都合が付かず地区予選に出れないとの事。都合が付き、執行役員でもある私に電話がかかってきたのは地区予選5日前である。役員の責任も感じ、予選会終了後ただ酒が飲めると聞いた私は「いいよ」と一言。どうせ地区予選は通らないだろうと思い、でもこの後ただより高いものはないと痛感する事に・・・。つづく
ブログ カレンダー
« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
アーカイブ
ブロガー一覧
ブログへのコメント
ブログをご覧の皆様へ

ブログへのコメントは自由に書き込めます。

コメントししたい記事タイトル文字部分、または各記事の終わりの部分にあるコメント()とある青い文字の部分をクリックすると、画面下に記入欄が出ます。

ドンドン、コメントお寄せ下さい!!
Powered by MogamiGenkiLab© 2009-
Theme designed by OCEAN-NET