アクセスカウンタ
今日 : 415415415
昨日 : 396396396
総計 : 2536529253652925365292536529253652925365292536529
メニュー
コミュニケーション
現在進行系
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

農天氣ブログ - 最新エントリー

しいたけで食育!

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2010-12-13 19:04


先日、農天氣委員in 泉田、高橋幸浩氏から、【しいたけ栽培キット】を頂きました!自宅で簡単にしいたけを栽培できるという画期的なキットです!

発泡スチロールの箱の中に、しいたけ培地、その他栽培に必要なものは全て入っています。

これはいい「食育」になると思い、スポンジボブのDVDに夢中になっている甥っ子たちに手伝いをお願いしたところ、「何これ!」とすぐに興味を示してくれました♪

発泡スチロールをそのまま使って、小さなビニールハウスを作ります。写真付きの説明書もあるので組み立てはとても簡単です。10分ぐらいでしいたけハウスの完成!













しいたけ培地には10個ぐらいの赤ちゃんしいたけがすでに付いており、これが大きくなったら切り取って食べることができるそうです。

さらに、全部採り終わった培地を水で洗い、強く叩く(!)とまたしいたけの赤ちゃんが出てくるそうです!!その後もちゃんとお手入れをすると更に何回か収穫できるそうWow!

お手入れの仕方等も詳しく説明書に書いてあります。

この【しいたけ栽培キット】、近く販売を開始する予定だそうです。現在栽培キットは、山形キャラバン隊員の協力もあり、肘折温泉、赤倉温泉、新庄市、鶴岡市、山形市と、広域に散らばり、モニターさんの愛を注がれですくすく育っている、、、、はずです。

【しいたけ栽培キット】に興味のある方は、高橋幸浩研究員又は最上の元氣研究所までお問い合わせください〜☆(村井三女)

☀さんざし☀

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2010-12-9 19:41

今日の食卓に、見たことのない果実が、、、ふたには【山形県鮭川村産 さんざし】と書いてあります。【さんざしって】なんだべ?

見た目はアセロラのようです。食べてみると、ほんのり甘酸っぱくて素朴な味。インターネットで調べてみると、さんざし(山査子)とは中国原産の落葉樹、山査(さんざ)の果実で、中国では古くから漢方薬として使われてきたそうです。

なんとさんざしは「不老長寿」の薬として知られ、ポリフェノール、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、その効能は消化吸収促進、心臓の強化、利尿作用など!すごい果実だということが分かりました

そのまま食べるよりも、ドライフルーツにしたり、お茶にしたり、薬用酒などにすることが多いようです。


私の母も早速焼酎に漬けてみよう!と張り切っております。

残念ながら、容器には生産者の方のお名前なども書いていないのですが、せっかく「不老長寿」の素晴らしい果物を生産されているので、その効能や利用方法も記載すれば絶対に売り上げが伸びると思うのですが!鮭川村の方、生産者の方をご存知でしたら是非アドバイスを!(村井三女)

花農家の夏の日々

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
tomohiro-h 2010-11-7 17:13
はな―いく【花育】幼少期より花や緑に親しみ・育てる機会を提供したり、花の楽しみ方を教えることで、心豊かな子どもたちを育んでいこうというもの。もともと学校や家庭、地域社会などで食の大切さや食文化を教える「食育」にならったもの。「明日のばんかだ、小学校で―すっさげ、わらすだずばあづめでけろ。」(明日の夕方、小学校で―するので子供たちを集めて下さい。)










 秋の深まりと共に仕事は落ち着きを取り戻し、夏の眩しかった朝陽も今は霧が遮る。忙しく農道を走る車も稲刈りを終えればほとんどなく、今となっては田んぼには誰も・・・。秋を越して最上地方の冬はもうそこまで来ています。
 今年の夏は、連日の暑さで花の成育も早まり2週間程の前倒しとなり、暑ければ開花スピードも速く、7月後半から9月いっぱいはかなりの忙しさ。夏のトルコの出荷時期となれば朝陽とともにハウスでは採花が始まり、日中は小屋の中で出荷調整。花農家は真夏の方が日焼けしないんです。ここでいう出荷調整とは、選別を指してる訳で、長さや花数で等級分けはもちろん、無駄芽(咲かない蕾)や終わった花など整理していく。
その時に出る終わった花を(私にとれば捨てるゴミなんですが)、子供達は拾い集め花束を作ったり、空き缶に挿したり、耳の上に飾り「ハワイ、ハワイ!」と言いながらはしゃいでつまずいて転んで泣いたり・・・。(うちの子供たちの耳の上に挿す花のイメージはハワイらしく、うちだけ?と多少の疑問も…。)
そして仕事中の私の耳の上にも挿してくるので、挿しては取り挿しては取りの攻防戦を繰り広げ仕事にならない時もしばしば。そのうち、耳の穴にまで挿してくる始末・・・。耳穴に花を挿しつつ、ブルブルと気持ちいいんだか悪いんだか身震いしながらごしゃいでる(怒ってる)毎日でした。

でここで冒頭の「花育」に戻るのだが。最近「花育」と名を付け定義しているみたいですが、今に始まった事じゃなく前からやってたよね?と思うんです。皆さんも小学校の時一度は、朝顔やチューリップを育てた記憶があるはず。そしてチューリップの鉢に水の代わりに牛乳をやった奴もいるはずだ。

こんな遊び程度(牛乳を入れる事じゃなく花束作ったり)で、特別な事(年一回の行事的な)じゃなく日常的なものとしてあげるのが花生産者として、いや親の努めかなと思う訳ですよ。
さあ皆さんも是非お花を買いに行き、子供たちと素敵な攻防戦を繰り広げましょう。じゃなく花と触れ合ってください。
てな具合に日々こうして教育してるお陰で私の子供達は、ジャスコのおもちゃ売り場に行ってもおもちゃが欲しいとだだをこねる事もなくなり、朝からアイス食べたいと冷凍庫を開ける事もなくなり、姉弟でチャンネル争いをしなくなりました。

なんていう事はありません。

続★青森ルポ〜農天氣産直編〜

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2010-10-13 20:02
村井三女です。10月8日〜10月11日まで、本州最北端の青森県さ行ってきました〜♪青森は本当におもしぇどごでした!道路は広いし、国道沿いの店と駐車場は超巨大だし、青森弁はめんこいし、外国さいるような気分でした。



スーパーや産直に並んでいるものも地域性が出ていてとても面白かったです。あおぞら組の10周年記念の帰り、青森県碇ヶ関村(いかりがせき)の【津軽関の庄】というかっこいい名前の道の駅に立ち寄りました。ここは温泉施設も併設しているのですが、青森、秋田も温泉施設のある道の駅が結構ありましたよ♨♨♨



産直場に行ってみると、並んでいる野菜たちも山形のものとはとちょっと違って興味深いんです。赤い大根や、【マルメロ】という名の果物があったり、お惣菜の【紅鮭漬け】や【ニシン漬け】は、魚だけじゃなくて野菜の漬物の布団の中に入っていたり。



違うものだけでなく、【同じもの】にも発見がありました。例えば、菊を食べるのは山形だけかなぁと思っていましたが、(私だけ?)しっかり黄色と紫の食用菊が売っていました。里芋はいもの部分は綺麗に皮がむいてあり、茎がついた状態で売っていました。私の大好きなアケビもありました♪しかも激安!15個ぐらい入ってたったの200円でした!

自分の地域を離れてみて初めて分かることは沢山ありますね!それも、同じ東北だからこそ新鮮な発見があります。

青森への車の旅は手間と時間がかかりましたが、新幹線や飛行機で一点から一点に移動するより、ローカル線や車でいろいろな所に立ち寄る中で、その距離や、人の暮らしの変化を体感しながら移動するのってやっぱり旅の醍醐味だなと思いました!みなさんも最底辺号での旅に出かけませんか!?(注:ガソリンはおてんとさま☀がいるうちに入れておきましょう ) 

最上産業祭りとしいたけ焼き

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
tomohiro-h 2010-10-11 9:09
10月9日、10日と新庄駅ゆめりあを中心に最上産業祭りが開催された。
我々元氣研究所としても恒例の元氣鍋と、農天氣からはあのSHITAKEYAKI『しいたけ焼き』を販売。
農天氣メンバー鮭川産の椎茸と言ったらこの人でしょう!
井上君の肉厚なあれ(椎茸です)を串に3つ突き刺し、炭火で炙る!炙って!炙って!炙りまくれぇ!
焦げた醤油の匂いがたまらない。
単純なものほど素材の味が決め手。
井上君のあれ(椎茸です)は肉厚でジューシィー!焼きしいたけではなく、あくまでもしいたけ焼きにこだわり(どんなこだわりだ)、回を重ねる度にレベルアップしていくしいたけ焼きは絶品だぁ!

続いて出て来たのは、我らのボス、農天氣リーダーの『八鍬オリジナル夏秋苺サマーティアラを使った果汁たっぷり種のつぶつぶ感がたまらないぜぇスペシャルアイス』だぁ!
名前が長いので略して『苺アイス』は、甘すぎず酸味もほどほどでかなりぃ美味い!
その他農産物も販売。
大蔵産の伊藤君のトマトは販売開始早々かなりの売れ行き。
トマト恐るべしと思ったほど。
今年は終わりましたが、来年のお越しをお待ちしております。元氣汁としいたけ焼きを食べに。

終盤です!

カテゴリ : 
農作業
執筆 : 
tomohiro-h 2010-10-4 12:54











鳥海山をバックに始まった稲刈りも終盤に差し掛かり、早く刈って終さねんねと思っていたそれも、だんだんと少なくなっていく稲と日々広がっていく刈られた田んぼを見ていると、寂しくなるのは私だけでしょうか?
今日は雨。またこの雨が寂しさを・・・
なんて暗い書き出しで始まりましたが、ようやく暑かった夏が過ぎ、気力・体力の復活と共にブログ復活を果たすぞぉぉぉーーー!!!
一人で盛り上がっていますが、今後とも宜しくお願いします。

農天氣の熱い男たち!

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2010-10-2 1:32
昨夜の元氣鍋打ち合わせに、数年前にグアテマラのジャングルの中で出会った和歌山出身のお友達.Joちゃんを連れていったところ、心や優しい農天氣なお兄様たちが、「明日うぢのハウスみぃきていいよぉ」と口々に誘ってくださいました。

なんと田中満研究員がドライバー役を買って出てくださり、本日は農天氣の熱い男たちの生きざまを学ぶスタディーツアーとなりました!ちょっと長めのルポになりますが是非読んでください!心熱くなること間違いなし★



まず最初に立ち寄ったのが大蔵村の四ヶ村。ここは田中研究員が、【最上で一番元氣な男】と一押しの長南政義さんが暮らす場所。田中研究員と二人で「元氣研究所さはいりませんがぁ?」と勧誘しつつ、長南さんが育てる地鶏を見学させていただきました。現在、【四ヶ村やまがた地鶏研究会】の5名が、特産品づくりの一環として【やまがた地鶏】の飼育をしています。写真を良く見ると、看板が【四ヶ村やまがた地鶏”究研”会】になって、矢印で訂正されています!そごは愛嬌。やんべです!

長南さんのところではちょうど190羽ほどを出荷したところです。出荷先はというと、肘折温泉と新庄市が主ですが最近は東京にも出荷しているそうです。10月半ばにまた冬の分のヒナを買う予定で、冬は寒いのでハウスではなく、家のガレージに移動させるのだそうです。美味しそうな卵をお土産にいただきました!!



次の熱い男は、方言の魔術師、大蔵村合海の伊藤貴之研究員です。伊藤さんのトマトハウスにお邪魔しました。大蔵村には【大蔵トマト部会】なるものがあり、約30件の農家のみなさんがトマトを作ってらっしゃるそうです。伊藤さんの向こう側が見えないほど長―いハウスには約4000本の苗が植わってます。今日は日が照っていたこともありハウスの中はすごい暑さ!「なづばは あっつくて たいへんだ!」と伊藤さん。本当にお疲れ様です!ハウスの横には出荷できない愛嬌のある形のトマトが山ほど積んでありました!ありがたくトマトにかじりつきます。「んめぇ!!」たくさんトマトのお土産もいただきました!

大蔵村のトマトは、気候のおかげか水のおかげかすごくおいしくて、ブランド化しつつあるんだそうです。夏と秋には東北地方の【モス・バーガー】でも大蔵トマトが使われています★




トマトをかじりながら農家の現状を4人で熱く語り合った後向かったのは鮭川村川口。ここで、先日もブログに登場して話題を呼んだ最上のアベヒロシ(?)こと、八鍬貴之研究員のイチゴハウスを見学させていただきました。今作っているのは、夏秋イチゴの【サマー・ティアラ】。このサマー・ティアラと、【つや姫】、そしてりんごの【ファースト・レディ】が今最もHOTな山形の誇るブランド品なんだそうです。まれにみるめんこさの八鍬さんのお子さんたちがもいでくれて取れたてのイチゴをパクリ。歯ごたえがあって、甘さと酸っぱさのバランスが絶妙で、まずんめっけ!顔がほころぶ美味しさ!でも今年はイチゴが不作で大変苦労をされたとか。。。

八鍬さんのハウスの入口に不思議な箱が。側面には蜂の絵が書いてあり、ミツバチが箱から出たり入ったりしています。受粉のためのミツバチをこのようにして売っているんですね!びっくりしました!




八鍬さんのめんこいおこさんと名残惜しくさよならをした後今度は新庄市の泉田に向かいました。ピアスの素敵な井上成也研究員がお花と素敵な笑顔で迎えてくださいました。井上さんはトルコキキョウを栽培してらっしゃいます。新庄市の園芸塾に1年間通った後、花の栽培を始めたそうです。ハウスの中にはいろいろな種類のトルコキキョウが咲いていました!キキョウってこんなに種類があったんですね!色も白、黄色、紫、ピンクなど様々!やっぱり女子は花に弱い。なんでこんなに綺麗なんだろう、と見とれてしまいました。お花たちは農協に出荷された後主に東京方面で人々の心を癒しているんだそうです♪井上さんからなんとトルコキキョウの花束をお土産にいただきました!




今日の最後は、一日中私たちに付き合ってくださった田中満研究員宅です。田中さんは、戸沢村角川(つのがわ)で「農家民宿ほたる」を経営されています。その名の通り、夏の始まりには民宿の前に沢山ほたるがやってくるそうです。見でみってやぁ。これまでは、山形大学や、都会の小学生などの受け入れをしてきたそうです。最高の環境、リーゾナブルな宿泊費、そしてなにより田中さんの人柄がここの民宿の一番の魅力だと思います!真の【交流】ができる宿として、多くの可能性を秘めた場所だと思いました。オープンキッチンと、ものすごく広―いダイニングは本当に居心地がいいんです。田中さんが、八鍬さんのイチゴを使ってジェラートを作ってくださいました。Delicioso!!

今日は農天氣の熱い男たちに最上の底力を見せつけられました。みなさんに共通しているのが、やっぱり【前向きな熱い魂】だと思いました。恥ずかしながら、私は今まで農家の方々がどれだけ苦労をしてたべものを作ってくださっているのか、本当に真剣に考えたことがなかった気がします。みなさん大変な思いをしながら、自然と、社会と、国と戦ってらっしゃるのですね。もっと農業について勉強します!今日の経験のおかげで、これまでにまして最上を誇りに思えるようになりました。

田中さん、長南さん、伊藤さん、八鍬さん、井上さん、お忙しいところおじゃまさせていただき、お土産までいただき、本当にありがとうございました!!!!

稲刈りどうです?

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
takayuki-i 2010-9-26 22:10
おばんでございます。稲刈りのはかはいってますか?やっぱり写真の入れ方がわかんない伊藤です。。 (※しかし … 事務局のフォローで”稲刈り画像”が挿入〜!)天気も落ち着いてさらに、雨が降らなければ刈るという強引さでなんとか進んでます。  今年は天気のせいで、トマトのなりが悪くて、出荷量も少ないです。しかしながら、相場は今まで見たことのないような高値がついています。儲かっているのか儲かっていないのかわからん年です。   格外品は多いから、元氣鍋でたくさん使ってくれればありがたいねえ。味は変わんないからよ〜!

稲刈りのはかがいかない

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
takayuki-i 2010-9-21 23:26
みなさま。写真なしの伊藤です。(が … 事務局が画像を挿入〜!)刈ってますか?毎日雨降りで全然はかどっていません。お上は「刈り遅れに注意」の一点張り。口では誰でも言えますよ。ばかのひとつおぼえじゃあるめえし、神経を逆なでするようなことばかり言うない。  今度写真も入れられるようにしたいです。古代米がすがっできてます。(すがるっていいません?刈り遅れて葉先が枯れてきてることを。)その姿を見てもらいたい。そして早く刈りたい。全体としては8町歩分の2.5町歩刈りました。みなさんはどうですか?  ようやっと余裕が出てきた伊藤でした。(しかし気持ちには余裕なし。)
みなさま、こんにちは

農天氣部会 井上です。

「鮭川きのこ王国まつり」と「全国キノコ食味&形のコンテストin鮭川村」

についてのお問い合わせについて私がわかる範囲で対応しますのでこちらの

ブログに書き込んで下さい。

すぐ回答出来ないかもしれませんがよろしくお願いします。

<画像が無いと寂しいので… 管理者権限でキノコの絵を入れて置きました…が! これって… 毒キノコやったけ??? しかも… 幻覚性のある… ?>
 














 

こんなのは販売しませんが贅沢にメンバーで食べちゃいました。
もしかしたら最高の贅沢かな?
ブログ カレンダー
« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
アーカイブ
ブロガー一覧
ブログへのコメント
ブログをご覧の皆様へ

ブログへのコメントは自由に書き込めます。

コメントししたい記事タイトル文字部分、または各記事の終わりの部分にあるコメント()とある青い文字の部分をクリックすると、画面下に記入欄が出ます。

ドンドン、コメントお寄せ下さい!!
Powered by MogamiGenkiLab© 2009-
Theme designed by OCEAN-NET