アクセスカウンタ
今日 : 281281281
昨日 : 337337337
総計 : 2513723251372325137232513723251372325137232513723
メニュー
コミュニケーション
現在進行系
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

農天氣ブログ - rokusuke-m2さんのエントリ

農天氣始動!

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2011-3-25 22:30

農天氣の男たちが動き始めました!

以前から交流のあった、仙台市の【三陸おさかな倶楽部】さんから、「物流がなく、売り物が手に入らない」というSOSを受け、早速昨日と本日、最上の野菜を発送したということです!

【三陸おさかな倶楽部】さんは当店は石巻市にある津田鮮魚店の仙台支店として、仙台五橋に2007年6月にオープンした、かなり地元密着型の野菜も売っている魚屋さんです。
URL↓
http://osakana-club.jp//000304.html

今回の震災で、石巻のお店が甚大な被害を受けてしまいましたが、被害の少なかった五橋にあるお店を再開したそうです!

ただ、物流が滞っているため、品物が手に入らないということで、株式会社ゆいネットの稲葉さんを通して、農天氣委員会に依頼が舞い込みました。

おさかな倶楽部の近隣には、高齢者も多く、昨年からは「御用聞き販売」もやっていたそうです。現在、仙台市内は物流が戻り始めたものの、買い物には長蛇の列で高齢者は体力的にも並んでいられません。


ということで、おさかな倶楽部店長の津田さんたちが【買い物代行】を始めたそうです。詳しくはURLを参照ください↓
http://www.dunamis.jp:80/otodoketai/

SOSを受け、農天氣委員会委員長八鍬研究員を中心に、農天氣のたのもしい男たちが迅速動き、既に注文を受けたきのこ類、炊き込みごはんのもと、葉物、山菜などを配送したそうです!おととい配送したものは既に現地に到着したとのことです!

写真は、箱山研究員が撮影した配送作業の様子です〜。



また、農天氣委員会では取り扱っていない品物で、梅干しや漬物のリクエストも入っており、こちらは、山形キャラバン隊隊員、産直ボーイ、鶴岡市、山王マルシェの上林君が協力してくださることになりました。

いろんな人のネットワークが上手に繋がっていますね。

農天氣委員会のみなさんが生産した野菜を宮城の方に食べていただけると聞いて、生産者でもないのにとても誇りに感じている村井三女でした。

産直まゆの郷〜☆

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2011-1-14 20:18
今日は新庄市十日町の産直【まゆの郷】に立ち寄ってきました。新庄駅から国道13号線を金山町方面に進み、ヤマダ電気さんを過ぎたあたりの左手に新庄市エコロジーガーデンがあり、その一角に産直があります。ここは、去年の夏に劇団【どくんご】のテント芝居をした思い出の場所でもあります。

雪の中で営業しているのか不安なまま、行きましたが、除雪もきちんとされていて、駐車場は車でいっぱいでした!

産直まゆの郷は、会員約120名(皆さんが生産者!)で組織する、『しんじょう産地直売所運営協議会』によって運営されているそうです。



店内には所狭しとお花やお米、野菜、漬物、お肉、手作り小物などが並んでいます。包装の仕方などにも生産者の方のこだわりが見受けられます。見たことのない野菜や豆などもあり、見でるだげでもおもしぇ!元氣研究員の方の商品もあるかなと、探してみたのですが見つけられませんでした。。。

写真を撮りたいのでご挨拶を、と思い、協議会副会長の高橋さんに名刺をお渡しして、お話をしていたら、なんと高橋さんの奥様が出産されたときに私の母と相部屋だったというすごい事実がが発覚!地元に帰ってきてから、こういう偶然がよくあり、人と人とのつながりを感じてなんとも嬉しいです。



今日は、旅館に飾ろうと思い、新庄氏の早坂さん制作の【福雀】というクルミの人形と、十日町のNPO,「すぎのこハウス」さんのチーズケーキを購入しました★

お値段もお手頃、何より地元の新鮮な野菜が手に入るということ、生産者さんの顔が見えるというのがここの強みだと思います!車で行けば新庄駅からもすぐ。広い駐車場もあります。みなさんも是非お立ち寄りください!!

お問い合わせは〜

『産直まゆの郷』
住所:〒996-0091 山形県新庄市十日町6000番の1
TEL:0233-23-5007
運営主体:しんじょう産地直売所運営協議会
営業時間:朝9:30より、夕方18:00まで
定休日:年中無休(!!)

舟形町まんさく〜♪

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2011-1-4 9:22














2度目の挨拶になりますが、みなさま明けましておめでとうございます〜★村井三女デス。

今日は、舟形町の産直、「まんさく」を紹介したいと思います。

新庄市から国道13号線を通って舟形町に向かうと左手に大きな「まんさく」の看板が見えます。

新庄もがみ農業協同組合 舟形支店として、平成13年10月に移転オープンしたそうです。

店内はとても明るくていい雰囲気です。品揃えが豊富で、野菜や果物、漬物やお菓子などの加工品、贈答品などいろんな商品を取り揃えています。

まんさくの隣には農産加工室があり、ここで、40代・50代を中心に約35名いらっしゃる地元の会員農家の方が栽培した材料を使って加工品を作っているそうです。

食品添加物を使用しないというこだわりも人気の秘密です。

私はこの日、手作りのかぼちゃのケーキを購入しました★稲葉さんの勉強会に参加された方、そう、あれです。私の手作りというのは嘘

施設内では、地元産のそば粉を使った手打ち蕎麦も食べられます。今度は蕎麦食べくっちゃ。皆様も是非お立ち寄りくださいまし♪

【産直まんさく】
所在地/山形県最上郡舟形町4421−2
TEL/0233−32−8155 FAX/0233−32−8156
営業時間/9時〜17時30分 (定休日 水曜日)

しいたけ収穫〜☆

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2010-12-22 19:19


先日、農天氣委員in 泉田、高橋幸浩氏からいただいた【しいたけ栽培キット】。わたしのしいたけたちがようやく食べごろの大きさになったのでおいっこと一緒に収穫しました。

しいたけは温かい場所の方が生育が早いようです。ちょっと寒いところに置いてしまっていたので、ゆっくり大きくなっていましたが、部屋を暖かくしていた日は、次の日の朝見ると1cmぐらい大きくなっていてびっくり!

しいたけを下から見るとこんな感じです。

どうやって料理しようかと考えましたが、素材をそのまま生かすためにグリルで焼きました。

甥っ子が慣れない包丁でしいたけに十字の切り込みを入れています。

魚焼きグリル。弱火で約15分。

できあがったしいたけをパクリ→美味しいぃぃぃ!!!!!!!!!お世辞抜きで、感動するおいしさです☀こんなにおいしいしいたけを食べたのは初めてかも!特別しいたけファンでないはずの甥っ子も「おいしい♪」と目を大きくしていました。

収穫したてだからなのか、質感がプルプルで、味も濃くて、ちょこっと醤油につけるだけで絶品でした(涙)

まだ小さいしいたけが5つぐらい付いているので2,3日たつと食べられそうです♪全部採り終わった培地を水で洗い、強く叩くいてまたしいたけの赤ちゃんが生まれてくるのを待ちます!

全国にちらばっているシイタケモニターさんはどんなふうに料理しているのでしょうかぁぁぁぁ?(村井三女)

直売所【なおちゃん】

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2010-12-18 11:00


大蔵村旧赤松小学校の近く、赤松郵便局の向かいに【なおちゃん】という直売所があります。

うちの旅館で使う野菜は、朝市で買ったり、物によっては新庄で買ったりするのですが、産直もよく利用しています。

昨日は、最近お世話になっている【なおちゃん】でキャベツ、白菜、大根を購入しました。

ここは、自宅の一部を改造して直売所にしているのですが、中には常に様々な野菜やキノコ、手作りの漬物やお菓子が所狭しと置いてあります。

基本的に無人で、お金を箱に入れていくシステムですが、買い物をしていると、「なおちゃん」やこの家のおばあちゃんが顔を出してくれて、熱いお茶をついでくれたりするのがとても嬉しいのです。

いなごのつくだ煮や、漬物は自由に試食できるようになっています。手作りの山かごも売っています。これで一つ500円!

昨日はなおちゃんがちんげん菜と紫大根をおまけで付けてくれました!




























【なおちゃん】のすぐ向かいにも小さな直売所があります。昨日はリンゴや卵を売っていました。

こういう小さな直売所では新鮮な野菜が安く買えるし、顔見知りになると、ほしい野菜やキノコを事前に取り置きしてくれたりするので大助かりです〜☆

みなさんの家の近所にもいい直売所ありますか??

しいたけで食育!

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2010-12-13 19:04


先日、農天氣委員in 泉田、高橋幸浩氏から、【しいたけ栽培キット】を頂きました!自宅で簡単にしいたけを栽培できるという画期的なキットです!

発泡スチロールの箱の中に、しいたけ培地、その他栽培に必要なものは全て入っています。

これはいい「食育」になると思い、スポンジボブのDVDに夢中になっている甥っ子たちに手伝いをお願いしたところ、「何これ!」とすぐに興味を示してくれました♪

発泡スチロールをそのまま使って、小さなビニールハウスを作ります。写真付きの説明書もあるので組み立てはとても簡単です。10分ぐらいでしいたけハウスの完成!













しいたけ培地には10個ぐらいの赤ちゃんしいたけがすでに付いており、これが大きくなったら切り取って食べることができるそうです。

さらに、全部採り終わった培地を水で洗い、強く叩く(!)とまたしいたけの赤ちゃんが出てくるそうです!!その後もちゃんとお手入れをすると更に何回か収穫できるそうWow!

お手入れの仕方等も詳しく説明書に書いてあります。

この【しいたけ栽培キット】、近く販売を開始する予定だそうです。現在栽培キットは、山形キャラバン隊員の協力もあり、肘折温泉、赤倉温泉、新庄市、鶴岡市、山形市と、広域に散らばり、モニターさんの愛を注がれですくすく育っている、、、、はずです。

【しいたけ栽培キット】に興味のある方は、高橋幸浩研究員又は最上の元氣研究所までお問い合わせください〜☆(村井三女)

☀さんざし☀

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2010-12-9 19:41

今日の食卓に、見たことのない果実が、、、ふたには【山形県鮭川村産 さんざし】と書いてあります。【さんざしって】なんだべ?

見た目はアセロラのようです。食べてみると、ほんのり甘酸っぱくて素朴な味。インターネットで調べてみると、さんざし(山査子)とは中国原産の落葉樹、山査(さんざ)の果実で、中国では古くから漢方薬として使われてきたそうです。

なんとさんざしは「不老長寿」の薬として知られ、ポリフェノール、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、その効能は消化吸収促進、心臓の強化、利尿作用など!すごい果実だということが分かりました

そのまま食べるよりも、ドライフルーツにしたり、お茶にしたり、薬用酒などにすることが多いようです。


私の母も早速焼酎に漬けてみよう!と張り切っております。

残念ながら、容器には生産者の方のお名前なども書いていないのですが、せっかく「不老長寿」の素晴らしい果物を生産されているので、その効能や利用方法も記載すれば絶対に売り上げが伸びると思うのですが!鮭川村の方、生産者の方をご存知でしたら是非アドバイスを!(村井三女)

続★青森ルポ〜農天氣産直編〜

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2010-10-13 20:02
村井三女です。10月8日〜10月11日まで、本州最北端の青森県さ行ってきました〜♪青森は本当におもしぇどごでした!道路は広いし、国道沿いの店と駐車場は超巨大だし、青森弁はめんこいし、外国さいるような気分でした。



スーパーや産直に並んでいるものも地域性が出ていてとても面白かったです。あおぞら組の10周年記念の帰り、青森県碇ヶ関村(いかりがせき)の【津軽関の庄】というかっこいい名前の道の駅に立ち寄りました。ここは温泉施設も併設しているのですが、青森、秋田も温泉施設のある道の駅が結構ありましたよ♨♨♨



産直場に行ってみると、並んでいる野菜たちも山形のものとはとちょっと違って興味深いんです。赤い大根や、【マルメロ】という名の果物があったり、お惣菜の【紅鮭漬け】や【ニシン漬け】は、魚だけじゃなくて野菜の漬物の布団の中に入っていたり。



違うものだけでなく、【同じもの】にも発見がありました。例えば、菊を食べるのは山形だけかなぁと思っていましたが、(私だけ?)しっかり黄色と紫の食用菊が売っていました。里芋はいもの部分は綺麗に皮がむいてあり、茎がついた状態で売っていました。私の大好きなアケビもありました♪しかも激安!15個ぐらい入ってたったの200円でした!

自分の地域を離れてみて初めて分かることは沢山ありますね!それも、同じ東北だからこそ新鮮な発見があります。

青森への車の旅は手間と時間がかかりましたが、新幹線や飛行機で一点から一点に移動するより、ローカル線や車でいろいろな所に立ち寄る中で、その距離や、人の暮らしの変化を体感しながら移動するのってやっぱり旅の醍醐味だなと思いました!みなさんも最底辺号での旅に出かけませんか!?(注:ガソリンはおてんとさま☀がいるうちに入れておきましょう ) 

農天氣の熱い男たち!

カテゴリ : 
一般
執筆 : 
rokusuke-m2 2010-10-2 1:32
昨夜の元氣鍋打ち合わせに、数年前にグアテマラのジャングルの中で出会った和歌山出身のお友達.Joちゃんを連れていったところ、心や優しい農天氣なお兄様たちが、「明日うぢのハウスみぃきていいよぉ」と口々に誘ってくださいました。

なんと田中満研究員がドライバー役を買って出てくださり、本日は農天氣の熱い男たちの生きざまを学ぶスタディーツアーとなりました!ちょっと長めのルポになりますが是非読んでください!心熱くなること間違いなし★



まず最初に立ち寄ったのが大蔵村の四ヶ村。ここは田中研究員が、【最上で一番元氣な男】と一押しの長南政義さんが暮らす場所。田中研究員と二人で「元氣研究所さはいりませんがぁ?」と勧誘しつつ、長南さんが育てる地鶏を見学させていただきました。現在、【四ヶ村やまがた地鶏研究会】の5名が、特産品づくりの一環として【やまがた地鶏】の飼育をしています。写真を良く見ると、看板が【四ヶ村やまがた地鶏”究研”会】になって、矢印で訂正されています!そごは愛嬌。やんべです!

長南さんのところではちょうど190羽ほどを出荷したところです。出荷先はというと、肘折温泉と新庄市が主ですが最近は東京にも出荷しているそうです。10月半ばにまた冬の分のヒナを買う予定で、冬は寒いのでハウスではなく、家のガレージに移動させるのだそうです。美味しそうな卵をお土産にいただきました!!



次の熱い男は、方言の魔術師、大蔵村合海の伊藤貴之研究員です。伊藤さんのトマトハウスにお邪魔しました。大蔵村には【大蔵トマト部会】なるものがあり、約30件の農家のみなさんがトマトを作ってらっしゃるそうです。伊藤さんの向こう側が見えないほど長―いハウスには約4000本の苗が植わってます。今日は日が照っていたこともありハウスの中はすごい暑さ!「なづばは あっつくて たいへんだ!」と伊藤さん。本当にお疲れ様です!ハウスの横には出荷できない愛嬌のある形のトマトが山ほど積んでありました!ありがたくトマトにかじりつきます。「んめぇ!!」たくさんトマトのお土産もいただきました!

大蔵村のトマトは、気候のおかげか水のおかげかすごくおいしくて、ブランド化しつつあるんだそうです。夏と秋には東北地方の【モス・バーガー】でも大蔵トマトが使われています★




トマトをかじりながら農家の現状を4人で熱く語り合った後向かったのは鮭川村川口。ここで、先日もブログに登場して話題を呼んだ最上のアベヒロシ(?)こと、八鍬貴之研究員のイチゴハウスを見学させていただきました。今作っているのは、夏秋イチゴの【サマー・ティアラ】。このサマー・ティアラと、【つや姫】、そしてりんごの【ファースト・レディ】が今最もHOTな山形の誇るブランド品なんだそうです。まれにみるめんこさの八鍬さんのお子さんたちがもいでくれて取れたてのイチゴをパクリ。歯ごたえがあって、甘さと酸っぱさのバランスが絶妙で、まずんめっけ!顔がほころぶ美味しさ!でも今年はイチゴが不作で大変苦労をされたとか。。。

八鍬さんのハウスの入口に不思議な箱が。側面には蜂の絵が書いてあり、ミツバチが箱から出たり入ったりしています。受粉のためのミツバチをこのようにして売っているんですね!びっくりしました!




八鍬さんのめんこいおこさんと名残惜しくさよならをした後今度は新庄市の泉田に向かいました。ピアスの素敵な井上成也研究員がお花と素敵な笑顔で迎えてくださいました。井上さんはトルコキキョウを栽培してらっしゃいます。新庄市の園芸塾に1年間通った後、花の栽培を始めたそうです。ハウスの中にはいろいろな種類のトルコキキョウが咲いていました!キキョウってこんなに種類があったんですね!色も白、黄色、紫、ピンクなど様々!やっぱり女子は花に弱い。なんでこんなに綺麗なんだろう、と見とれてしまいました。お花たちは農協に出荷された後主に東京方面で人々の心を癒しているんだそうです♪井上さんからなんとトルコキキョウの花束をお土産にいただきました!




今日の最後は、一日中私たちに付き合ってくださった田中満研究員宅です。田中さんは、戸沢村角川(つのがわ)で「農家民宿ほたる」を経営されています。その名の通り、夏の始まりには民宿の前に沢山ほたるがやってくるそうです。見でみってやぁ。これまでは、山形大学や、都会の小学生などの受け入れをしてきたそうです。最高の環境、リーゾナブルな宿泊費、そしてなにより田中さんの人柄がここの民宿の一番の魅力だと思います!真の【交流】ができる宿として、多くの可能性を秘めた場所だと思いました。オープンキッチンと、ものすごく広―いダイニングは本当に居心地がいいんです。田中さんが、八鍬さんのイチゴを使ってジェラートを作ってくださいました。Delicioso!!

今日は農天氣の熱い男たちに最上の底力を見せつけられました。みなさんに共通しているのが、やっぱり【前向きな熱い魂】だと思いました。恥ずかしながら、私は今まで農家の方々がどれだけ苦労をしてたべものを作ってくださっているのか、本当に真剣に考えたことがなかった気がします。みなさん大変な思いをしながら、自然と、社会と、国と戦ってらっしゃるのですね。もっと農業について勉強します!今日の経験のおかげで、これまでにまして最上を誇りに思えるようになりました。

田中さん、長南さん、伊藤さん、八鍬さん、井上さん、お忙しいところおじゃまさせていただき、お土産までいただき、本当にありがとうございました!!!!
ブログ カレンダー
« « 2017 4月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
アーカイブ
ブロガー一覧
ブログへのコメント
ブログをご覧の皆様へ

ブログへのコメントは自由に書き込めます。

コメントししたい記事タイトル文字部分、または各記事の終わりの部分にあるコメント()とある青い文字の部分をクリックすると、画面下に記入欄が出ます。

ドンドン、コメントお寄せ下さい!!
Powered by MogamiGenkiLab© 2009-
Theme designed by OCEAN-NET