アクセスカウンタ
今日 : 2929
昨日 : 362362362
総計 : 2511811251181125118112511811251181125118112511811
メニュー
コミュニケーション
現在進行系
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

山伏ブログ - もう一度確認 します〜!

もう一度確認 します〜!

カテゴリ : 
徒然日記
執筆 : 
oshikiri 2009-8-12 13:25

画像を左詰めにして … 若干長いめの文章を書いたらどうなるのか …
長い文章を書くのは手間なので … 他のファイルからコピーしてきて貼り付けて見ます … 東北新幹線古川駅から山形新幹線新庄駅を結ぶ陸羽東線を中心として、東から川渡、東鳴子、鳴子、中山平、赤倉、瀬見、肘折と古くからの温泉地が連なっています。
ここでは、今も昔ながらの湯治が行なわれており、様々な“湯治文化”が存在すると共に、このエリアが有する源泉の泉質は日本で確認される殆ど全てを網羅しています。
昨今の旅行形態の変化、人々の求める“やすらぎ”と“癒し”そして“自己実現”に裏打ちされた温泉活用の方向性を鑑みる時、この地域(エリア)の特性=“湯治”を現代の視点で再検証し、ひとつの“温泉観光圏”として特化することが導き出されます。

★さて … どんな感じに標示されますか …

★★★上手く行ってますね〜 画像をもう一個追加してみます!
そこに、文書も入れてみて〜!
現在の「赤倉温泉駅」は、山形新幹線が新庄まで延伸するまでは「羽前赤倉」と称されておりました。小さな駅の規格どおりの線路を跨ぐ小さなお庭のようなところに小さな瓢箪様いや琵琶湖様であったやも?の兎に角。その様の小さな池がしつらえてあり、大きくなった赤い金魚、どちらかと言えば金赤、マゼンダの大きな金魚が小さな鯉の様に背中をちょこんと … 水面からほんの出たかでないかぐらいの位置で大きくもなく小さくもないそれなりの大きさの背びれを揺らしていました。
面する国道47号線を隔てて南側に位置するはお酒屋さん。その隣は「阿部支店」と云う食堂。「阿部支店」と白ぬかれた暖簾を風に翻かせています。ショウウインドには実物の炭酸水式清涼飲料スプライトが栓も抜かるる前の実物で瓶のまま屹立。支店と云うからにゃ本店は何処?何処?何処なの? 未だに明確な回答が得られていません!
        山伏ブログの試験でございました!

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://mogami-genki.net/modules/yamabushublog/tb.php/3

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントに承認は必要ない

コメント


投稿者 スレッド
oshikiri
投稿日時: 2009-8-18 17:07  更新日時: 2009-8-18 17:07
管理人
登録日: 2009-7-29
居住地: 山形県
投稿数: 914
 動作環境は宜しいようで〜
システム上の理由で”画像掲載”が、ちょっと面倒ですが … 画像の管理のことを考えてのプログラムのようです!
慣れれば手早く作業できることと思います。
返信
ブログ カレンダー
« « 2017 4月 » »
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
アーカイブ
ブログへのコメント
ブログをご覧の皆様へ

ブログへのコメントは自由に書き込めます。

コメントししたい記事タイトル文字部分、または各記事の終わりの部分にあるコメント()とある青い文字の部分をクリックすると、画面下に記入欄が出ます。

ドンドン、コメントお寄せ下さい!!
Powered by MogamiGenkiLab© 2009-
Theme designed by OCEAN-NET