アクセスカウンタ
今日 : 310310310
昨日 : 364364364
総計 : 2501559250155925015592501559250155925015592501559
メニュー
コミュニケーション
現在進行系
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

山伏ブログ - 201307のエントリ

LOVE飲みッIN最上についての考察

カテゴリ : 
徒然日記
執筆 : 
teturyu 2013-7-17 12:56
LOVE飲みッIN最上が、13日に舟形町の定泉寺で開催、大盛況のうちに幕を閉じました。・・しかし、まだ、LOVE飲みッの趣旨が、いまいちわからない人もいるようなので、説明すると、まず、FB(フェイスブック)での参加呼びかけ、年齢、男女、職業等を問わない、自由な懇談、社交の場ということ。¬ノ賄なゲストを呼んで、話を聞く、懇談するということ テーブルの中での懇談、意見交換 ぁ.▲圈璽襯織ぅ爐如∋臆端圓自由に全員にアピー ルする時間を設けること ソ蕕瓩堂颪辰真容瓜里、その後、FBで友達になる Δ修慮紊蓮⊆主活動で、友達の輪を広げ、趣味や意見の交換を行う・・・とまあ、こんな目論見です。・・・いろんなタイプのLOVE飲みッを行うのは、自由ですが、知っているどうしの酒飲みや学生のゼミの延長の飲み会とは、違うのです。確かに、せっかく、集まったんだから、テーブルごとに議論のテーマを決めて議論しては?その結果の全体発表も行っては?など の意見があることは、承知してますが、それをやるなら、飲まないで議論をするところから始める必要があります。それは、よくセミナー等でやっているやり方です。多分、そのやり方は、共通の問題認識をもつものどうしで成立する話だと思います。例えば、最上の元氣研究所の会員どうしで行うとか・。しかし、それも、会員がFBもままならない、集まるのもままならないという、今の現状では無理というものでしょう。本来、このHPも、時間的、地理的距離を縮めるために、そういう意見交換、議論の場として、設立当初から、設置したHPなのです。会員の多くが活用してきたでしょうか?事前にこのHPで、議論、意見交換するような形をつくれるでしょうか?LOVE飲みッIN山形は拙僧も、実行委員をやっています。多くの方が賛同して、毎回、新しい方々も多く参加しています。優れたビジネスモデルだと思います。最上の新しい形がやりたいというのも、大いに結構ですが、LOVE飲みッが上がりの姿ではなく、このLOVE飲みッから、つながりが始まるのです。スタートなのです。人はどうしたら集まるでしょうか?地域の魅力、人の魅力、イベントの魅力、食べ物の魅力、そしてその情報が伝わったかでしょう。今回にしても、実は参加者の確保に苦労したのです。ほかの地域から参加していただいたのは、山形のLOVE飲みッつながりと、個人の人脈に資するところが大きかったのです。何事も初めがあります。ぜひ、いろんなアイデアを出し合い、なるだけ、多くの人に、この次のイベントや、LOVE飲みッの実行委員をやっていただきたいと思っています。汗をかいてください!今日は、本音の意見です。)^o^(
ブログ カレンダー
« « 2013 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
アーカイブ
ブログへのコメント
ブログをご覧の皆様へ

ブログへのコメントは自由に書き込めます。

コメントししたい記事タイトル文字部分、または各記事の終わりの部分にあるコメント()とある青い文字の部分をクリックすると、画面下に記入欄が出ます。

ドンドン、コメントお寄せ下さい!!
Powered by MogamiGenkiLab© 2009-
Theme designed by OCEAN-NET