アクセスカウンタ
今日 : 310310310
昨日 : 364364364
総計 : 2501559250155925015592501559250155925015592501559
メニュー
コミュニケーション
現在進行系
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

山伏ブログ - 201403のエントリ

祝・新庄祭りユネスコ世界文化遺産候補!!高齢化、若者流出、資金不足・・・・もろもろの偽事に負けるな!スポンサー企業などのない純粋な伝統祭り!!がんばれー

震災3周年・・・

カテゴリ : 
徒然日記
執筆 : 
teturyu 2014-3-11 14:16
久々の山伏ブログです。・・・あの日から3年経ちました。拙僧がその瞬間いたのは霞城セントラルビル。揺れが収まってから外に避難して、雪の中、大勢の人と震えたのを覚えております。間もなく、日暮れがきて、電気の通ってない町の暗さ、コンビニもレストランも、店もすべて営業を停止。電車もとまりました。家でも電気がなく、暖房も使えない、大変なパニックが山形でも数日間続いたのです。・・・・さて、あれから3年。TVのニュースを見ても、今まで、何をやってたの?というぐらい、復旧、復興が進んでいないことに、改めて驚かされます。いまだに、湯治親父が通わなかきゃならないほど、ボランティアも必要なようです。おいおい、日本って、こんなにだらしない国だったのか。誰のせいで遅れているのか?被災者のエゴでしょうか?行政がいろんな制約で手が打てない?・・・・理由は山ほどあるわけです。原発事故の福島はともかく、そのほかは「いい加減にせいよ!」って言いたくなります。数々の制約って、自然条件はありますが、すべて、国や県が作った人為的なものです。特例法作って、縦割り行政をなくして、権限と金を地元に任せて、強力なリーダーシップで・・・その言葉はどこに行ったんでしょう??はるか南のインドネシアやタイの水害の復旧の方がはるかに早いわけです。言うまでもなく、民主主義は手続きやら意見聴取やら、時間と手順がかかります。わかりますが戦災を受けた仙台市の復興のため、いち早く、広い青葉通りを計画し、議会と対決しながら多大の困難や地権者の反対を乗り越え、批判を恐れず建設に踏み切った当時の岡崎仙台市長のような卓越したリーダーはいないのか?犠牲者の追悼、黙祷するたびに思うのです。
ブログ カレンダー
« « 2014 3月 » »
23 24 25 26 27 28 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
アーカイブ
ブログへのコメント
ブログをご覧の皆様へ

ブログへのコメントは自由に書き込めます。

コメントししたい記事タイトル文字部分、または各記事の終わりの部分にあるコメント()とある青い文字の部分をクリックすると、画面下に記入欄が出ます。

ドンドン、コメントお寄せ下さい!!
Powered by MogamiGenkiLab© 2009-
Theme designed by OCEAN-NET