アクセスカウンタ
今日 : 415415415
昨日 : 396396396
総計 : 2536529253652925365292536529253652925365292536529
メニュー
コミュニケーション
現在進行系
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

山伏ブログ - 最新エントリー

町の中は不思議でいっぱい!

カテゴリ : 
徒然日記
執筆 : 
teturyu 2012-6-28 12:57
拙僧が、薬湯?を飲みに頻繁に通う山形駅のスタバ。スタバのマークを眺めながら、コーヒーを飲んでいたら、不思議なことを発見しました。この人魚のマーク。頭に★印の冠をつけた、真ん中のお姉さんがつかんでいるのは、誰の足ひれでしょう??本人のだとすれば、このお姉さんは2つの足ひれを持つ、世界にもまれな人魚さんです。そして、どんな格好で立っているんでしょう?上海雑技団のお姉さんのように、お股?で支えているんでしょうか??、・・・いや、やはり、それぞれ、両脇に友達の人魚さんがいて、逆立ちをした友人の足ひれを持っているんでしょうか??単純なようですが、実は3匹の人魚がかかわる大技のようです。だとすれば、あまり長い時間の逆立ちは、いくら人魚さんでも、体に悪いと思われます。・・実は、水の中だから、平気??・・・よーく、考えると不思議なマークです。・・一体、このマークの下はどうなっているんでしょうか。ずーと見てたら、昼寝もできない、悩みの種が増えました。

死滅型??一泊宴会の旅。

カテゴリ : 
徒然日記
執筆 : 
teturyu 2012-6-26 5:02
かって、東京の南麻布の怪しい学校で、6か月間缶詰の全寮生活を送った思い出を持つ方々の同窓会が足利で開催されるというので、諸国行脚のつもりで出かけてみました。指定の場所は足利市の巖華園(旧・中島家)。かっての機屋、織物で財をなして、客人接待のために作ったという和風豪邸。谷文晁、渡辺崋山から始まり、近年は岡本太郎や森繁久弥などが遊んだという文化人の宿なのです。ここに集まったのが還暦のおじさん方です。由緒ある文化財の宿で、女将のお話も交えた上品な懇親会を行ったのです、・・が、その後は、離れの怪しい2階で・・・在りし日の、麻布の寮生活の再現とあいなりました。口角泡を飛ばし、政治から経済、はたまた老後の生活まで、話は尽きません。せっかくの料理も、次の日は、「あれっ、昨夜は何喰ったっけ??」パワーあふれる同窓会ではありました。日本最古の学校の足利学校も近くにあります。山形にお客を呼ぼうとする人は、自らもよそのところに行ってみなきゃなりません。旅はいいものです。・・・データでは、旅は、滞在型、文化型、個人型・・になっている・・はずですよね。しかし、このおじさん方の旅は??あれれ、既に、死滅?したはずの「一泊宴会型」・・それがどうした、笑わば笑え!開き直りの中年の「楽しい旅」なのです。

肘折は国際級の秘境ツアー?!

カテゴリ : 
徒然日記
執筆 : 
teturyu 2012-6-17 20:35
肘折温泉から「豊北の旅を考える」−カルデラからの発想 と題する風の旅行社のカルチャーツアーが16,17日に開催。この風の旅行社という会社は、ブータンとかチベットなど世界の秘境の旅というようなマニアックな、その筋では有名な会社です。えっ、とうとう肘折も秘境の仲間入りか??実はカルチャーツアーでは国内もやっているのです。拙僧もかって、羽黒山で大晦日から元旦にかけて、猛吹雪の中を、山伏?の端くれとして松例祭のツアーガイドをしたことがあります。やっぱ、秘境のたぐい??うーん。今回は、東北支援ということで、カルチャーツアーの講師陣が一堂に会してのレクチャーツアーなのです。山岳ガイドの奥田さん、北海道の自然ガイドの三木さん、屋久島のガイドの松本さん、自転車で世界をガイドする丹羽さん、東京湾の漁師ガイドの真鍋さんというように、豪華なメンバーです。拙僧は自転車ツアーに興味を抱き、参加。最上の巨木巡りなど自転車ツアーが最適ではないかと考えたのです。今のツアー用の自転車は前輪、後輪とも変速機があり、相当、急な坂でも、楽に登れます。17日は、肘折で実践。温泉から、坂を上り、カルデラの全容を眺め、大蔵鉱山跡、明大グラウンド、カルデラ館(現在、修理で休業中)、炭酸泉の試飲、山菜探訪、残雪の残る林間コースを10人ほどで回りました。ゆっくり回ると、快適なコースであることを実感。講師の丹羽さんも「十分、ツアーが組めて、人を呼べる魅力的なところ」と言っています。この自転車は、簡単に分解でき、車搭載はもちろん、持ち運びができますので、新庄駅からのツアーなど自在です。今、NHKのBSでやっている火野正平さんの自転車の旅のように、必死になって、こがなくてもいいのです。のんびりと、ゆっくり、自転車旅。すっかり感動した、我らが柿崎研究員も、何とか、自転車を備え、新しい肘折の魅力を作りたいと、言っています。いいかも。・・「前日の悪霊炭酸の祟りを体に残しながら、自転車に乗っただけかって??」拙僧に限っては、そんなわけはありません。要所要所で、法螺貝を響かせて、山の神への感謝、そしてクマよけの儀式を執り行ったのです。冷たい炭酸泉は前日の悪霊炭酸ハイボールの祟りをさわやかに消しましたぞ。

天上の愛スクリーム???

カテゴリ : 
徒然日記
執筆 : 
teturyu 2012-6-13 20:45
東京まで行ってきました。湯治親父に対抗したわけではありません。れっきとした仕事です。昼の仕事はともかく、夜は両国です。スカイツリーを見に。そんな訳はありません。第一、雨で雲がかかり半分も見えないのです。シアターXというところで、国際舞台芸術祭2012をやっているのです。我が山形ゆかりの「いずみ・ひな」ちゃんが一人芝居で宮沢賢治ものをやるというのですから、応援に行かないわけには行きません。「天上の愛スクリイム」という、宮沢賢治の妹トシとロミオの純愛ものです。何のこったい??でもそれなりに涙と笑いと美しさの舞台です。流石、プロです。賢治とシェークスピアでも結びつけるのです。ひなちゃんとも久しぶりで、昔の仲間が集まりました。NHKからテレ玉から、映像関係者・・舞台の後は、両国名物「ちゃんこ鍋」です。塩味から、みそ味、鶏がら・・結構味付けから具まで多彩な種類があります。外は雨。「スカイツリーが見えないぞ!」と、店員にいったら、「ここにもあります。」との返事。何だ?と聞けば、634mlの巨大ハイボールです。ちゃんとスカイツリーのイラストも入っているのです。まあ、浅草界隈はどこからでも見えるツリーですが、それぞれ、店にもあるのです。ゆかりのものが。これぞ、日本式商売。そーいえば、舟形でも作っていましたね。縄文ビーナスグッズ。前のブログで批判しましたが、まあ、センスのいいもの、洒落のあるものはOKでしょうか??)^o^(

石巻に法螺貝が鳴り響く!!

カテゴリ : 
徒然日記
執筆 : 
teturyu 2012-6-7 11:20
拙僧の本業の関係で、カナダに留学中の高校生とアメリカの大学に留学している中国人の2名を、石巻の災害支援ボランティアとして派遣しました。OPEN JAPANというNPOです。勿論、コーディネータは我らが湯治親父です。付き添いで行ってみた石巻市です。災害の爪痕はそう簡単には消えません。港周辺にはガレキが山のようにあります。まるでインカのピラミッドです。車のピラミッドも。日和山からの風景が異様です。被災前の写真も展示してあります。よくTVにも登場する門脇小学校、まるで爆撃を受けた中東の内乱の街です。駆け足で女川の被災地も行ってみました。高台の病院には慰霊塔があります。被災地は信じられないほどの状況です。ビルが横転したままです。・・OPEN JAPANの方々は、支援のお米を仮設住宅に配りながら、安否を確認したり、健康状態を確認したり、まるで行政のケースワーカーのような、いや、もっときめ細かい活動をしています。まだ、集落によっては家の中の泥の処理が終わっていないところもあるようです。カヌーを持ち込んで、港の細かいゴミを集めたり、カーシェアリングで、共同利用の車を貸したりと、まだまだ活動の種は尽きないようです。海の向こうから、夏休みを利用してボランティアに駆け付けたN君とニンさん。さっそく朝、7時半からのミーティングに参加して活動開始です。拙僧は一晩だけで、戻らざるを得なかったのですが、、早朝の石巻に鳴り響く、法螺貝のエールをOPEN JAPANの面々に送ったのです。また応援に行かなきゃという気持ちになってきます。湯治親父の気持ちに近づいてきています。もっとも、彼はすでに石巻の災害ボランティア界に、燦然と光り輝く??重鎮になっています。アッそうそう、カナダ人のコリン君も巨体を生かして、活躍しておりました。ご存じ支援者の阿部勝子さん宅で一晩のみあかし、エールを送ってきました。コリン君の持ち込んできた海水をかぶって、ラベルのはがれた缶詰、しっかり買ってきました。支援の缶詰、今度のLOVE飲みッIN新庄で、味見させましょうか。中身が何かわからないのがいいところです??

大草鞋(わらじ)の取り持つ交流!!

カテゴリ : 
徒然日記
執筆 : 
teturyu 2012-6-2 9:47
6月1日は湯殿山の開山祭。その前日には恒例となった西川町志津温泉の湯殿山への大草鞋奉納があります。白装束の行者姿で草鞋をかつぎ、町内を練り歩いたあと奉納するわけです。それに何で参加するのかって言えば、深い訳?があるのです。まず、人手がたりない、そして、何より法螺役がいないということで、急きょ、肘折の奇人柿崎泉と拙僧に、有名旅館のつたやの、美人娘の美穂子ちゃんから助っ人の要請があった・・・。一宿一飯で強引に呼び寄せられてしまった・・まあ、そんなわけです。・・大変な重さ、120Kと長さ3.5mもあるので、少ない担ぎ手は疲労困憊です。志津は観光客もいてそれなりに賑わうのですが、寒河江ダムの下流の本道寺地区は昔は50戸以上もあったそうですが、いまやその半分以下、閑散とした、人っ気の少ないところを、法螺貝を鳴らしながら、しずしずと歩きます。実は、この奉納、大震災の起きた去年からの行事、志津生誕400年、まち起こしも兼ねてはじめた行事です。ですから、大草鞋の作り方から、行列、奉納の仕方やら試行錯誤の連続です。そこに行くと、先輩の行事があります。ご存知、肘折温泉の正月行事「さんげさんげ」です。これも復活して新たに始めた行事です。こちらは道中歌やら法螺やら、そして、よそからの参加者募集など、形が出来上がっています。そこで、「いいところは学びましょう」と、奉納後の直会(なおらい)で、「来年は道中歌を作ろう、肘折温泉に1月7日にいって、参加しながらノーハウを学ぼうぞ!」と盛り上がったわけです。こういうところから、月山を挟んだ地域交流が生まれるわけです。両方の法螺役となってしまった拙僧も、また、忙しいタネをまいてしまったようです・・.それにしても、行者役を終えて水芭蕉を眺めながらの温泉も格別です。 湯殿山に行ったら、大鳥居の先の大草鞋を忘れずに参拝あれ。大震災の復興と志津の復権祈っております。

現実の不用品とごみ問題??

カテゴリ : 
徒然日記
執筆 : 
teturyu 2012-5-27 18:43
若者のシェアハウスへの貸し出しを間近に、拙僧の実家の片付けもいよいよ佳境に入ってきました。不用品の整理も一段落したので、いよいよ廃棄です。おっと、その前に、「そーだリサイクルショップ!」があるじゃないかという、アイデアが仲間からでました。早速、お店の人に来てもらって・・段取り良く、運びました。ここまでは・・・。本日、入居予定者代表のN君が、立ち会ったところ、何と、買い取り物品は「無し!」・・うーん、現実はそのようなもののようです。結構あった電気製品は5年過ぎたものはダメ。大型家具、ベッド、タンスなどは新品か、余程の骨董品でもない限り、引き取らない。お皿や茶碗、おちょこ、徳利などもダメ、衣類、布団類もダメ。バッグもブランド品の新品以外は・・。お金にならないことも、残念ですが、こういうものが、すべて、ごみとなっていくわけです。これじゃ、焼却場や、処分場は人口が少なくなっても、需要は永遠にでてくるわけです。本、雑誌類や衣類など丁寧に分別すればリサイクルになるものも、あるわけですが、多分、大量に出てくる、個人や事業所の不用品はそのまま捨てられていくんでしょう。エコ、環境問題にもかかわる話です。ものとごみ、個人的には愛着のあるようなものもあるわけですが・・・。悩むのは被災地ばかりではないようです。明日はトラックで一気に!!

お宝発見?ゴミ??

カテゴリ : 
徒然日記
執筆 : 
teturyu 2012-5-17 15:40
朝から、家財や什器との格闘です。拙僧の実家を若者のシェアハウスとして貸し出すプロジェクトが進んでいます。元氣研究所の諸君なら、すぐわかる例の芸術系の3人組(4人組?)です。新庄の街中にある実家は、さして広くはないんですが、IFは共有スペース、2Fは個人のルームでシェアする計画です。廃棄するもの以外の家具、家電、備品は貸与しますので、そのまま住めるわけですが、なにせ年代物の家です。かたずけ始めたら、次から次と不用品がでてきます。3家族総出で整理に入りました。小さいながらも蔵もあるのです。この2Fがレトロでいい!ギャラリーっぽく使いたいなどと言い始めましたので、そちらもかたずけなくてはなりません。整理する中で、亡くなった親父が満州から帰って来た時に使ったトランクがでてきました。陸軍軍曹・・・・。確か満州の鉱山で働いていた時に、現地で召集され、下士官など一番戦死率の高い身分にされて、大変な目にあったと聞いていました。・・・蔵からは、とんでもないものが・・。板金関係の道具箱はともかく、木箱の中には怪しい物体が??何かと思ったら、動物の糞のかたまりです。足跡のほか、ぎんなんが大量に混じっていることから、ハクビシンのものか?ということになりましたが、いつから蔵にすんでいたんでしょうか?野生動物と共存している家っていうのも牧歌的ではあります。 いずれにしても、今月中には片付け、廃棄が終わらないと、プロジェクトが進みません。そのあとで、芸術的改造?が始まるようです。恐ろしいというか・・楽しみです。全国的に問題になっている街中の無住住宅、新庄市内にもたくさんあります。持ち主が、一歩踏み出すと有効な街中活性化になると思うんですが・・江戸時代の古文書や忘れられていたお宝を発見したり、ゴミと格闘したり・・・大変な日々がしばらく続きます・・・かくて、実験プロジェクトは進むのです。何にもお知らせしていないのに肘折住民の里実ちゃん一行やら、知人やら慰問に来ていただきました。早くも、舟形の僧侶系研究員からはIFのオープンスペースに設置予定の薪ストーブと薪の寄贈の申し出が来ています。・・完成披露も盛大に?やりたいもんです・・・

行く春や・・・

カテゴリ : 
徒然日記
執筆 : 
teturyu 2012-5-10 13:00
春は来るのが遅かったわりには、過ぎるのが早いものです。・・この行列は何?先日行われた拙僧のお堂、霞城セントラルのホールでの鶴岡は湯田川温泉名物のたけのこ汁200円のチャリティ振る舞いです。もちろん震災復興。11時の配る前にはざっと150人ぐらいの行列です。たけのこも一袋1000円、売れています。みなさん、チャリティが趣味というわけでもなく、春の味を求めているわけです。・・・こちらも春の味を求めて、討って出ました。車で20分も走れば、西蔵王高原。西蔵王牧場の名勝「大山桜」です。牧場の上のほうには、まだ、名残りの桜が健在です。薄紅の桜は、かの西行法師も絶賛したものです。・・・桜を見た後は、春の味です。もちろん「山菜」です。西蔵王の名物蕎麦屋、昔の大庄屋の建物を移築した「三百坊」。ここの絶景の庭を眺めながら、板そばと山菜の天ぷらです。山菜はふきのとう、ぜんまい、こごみ、くわだい、タラの芽・・衣をつけると、何が何だかわかりませんが、とにかく春の味の満喫です。そばはともかく、この山菜天ぷらは一皿1650円也、最上の人が聞いたら、おそらく絶句でしょうが、各テーブルとも注文していました。春の味、さて次は何か、やはり、量と種類、品質・・真打ちは最上でしょう!!この前は、連休中にお世話になった舟形の定泉寺さんで、赤こごみという珍味をいただきました。新庄郊外ではなんと笹竹のタケノコを道端でとっている人がいました。ちっちゃなやつです。日本酒のみならずワインと山菜も合います。山菜もそろそろ本番。町中をちょっと離れると、タラの芽、木の芽(アケビの芽)、フキノトウ(塔の立ったやつの茎)こごみなど、いたるところで採れるのが最上のいいところ。さて、どこで何をいただきますか??楽しみではあります。・・・・

みちのく ひろし旅??

カテゴリ : 
徒然日記
執筆 : 
teturyu 2012-5-5 17:36
後半はあいにくの雨となったゴールデンウィークです。新庄の公園も雨で、やっと咲いた桜も花びらのじゅうたんになっていました。雨にも負けないで、大音量でのカラオケ、かどの焼くあの油の臭い!!頑張っていたのが、ご存知「かど焼き祭り」です。「お城の中で、しかも神社の前で、あの情緒の無さは何??」などと言おうものなら、「あれが新庄の情緒だ、何か文句あっか!」と即座に返されそうなので、早々に退散しました。 さて、舟形の猿羽根山地蔵では、ご存知、堂守の良源君が、蕎麦屋の開業を6月に控えて、急ピッチで自力工事中です。法螺貝を吹き鳴らしてエールを送ってきました。山頂に集いの場ができることは素晴らしいことですぞ。それにしても、流石、芸術系僧侶、器用なものです。一度、見にいってくだされ。 ・・・恒例の水子地蔵の供養祭のため、お隣の大崎市、鳴子温泉の中山平に足をのばしたところ、「みちのく ひろし旅」前の観光庁長官の溝畑宏さんが、東北観光博覧会の各ゾーンを、励まそうと自転車で回っていました。カメラクルーも必死で撮影です。U−streamで実況しながらの「ひろし旅」です。彼は、観光庁長官を退任し、現在、東北観光博のアドバイザーをやっています。最上観光博も含めてエールの交換、勿論、法螺貝でエールを送ったのです。大変なエンたーティナーです。観光客をすべて巻き込んで、元氣を振りまいています。観光庁の若手職員も頑張って随行していました。連休中もいろんなところでいろんな動きがあるのです。拙僧は、体調は最悪の状況でした。魔女の一撃の後遺症を抱え、同級生ゴルフもパスせざるを得ない状態。・・でも、無理に頼み込んだ整体マッサージ師のお蔭で何とか動けるようになりました。・・・「安静にして寝てなさい!!」・・それができりゃ世話ないんですが・・・。いろいろ、世の中動いているもんですから. 最終日6日は上京しなきゃあ
ブログ カレンダー
« « 2017 6月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
アーカイブ
ブログへのコメント
ブログをご覧の皆様へ

ブログへのコメントは自由に書き込めます。

コメントししたい記事タイトル文字部分、または各記事の終わりの部分にあるコメント()とある青い文字の部分をクリックすると、画面下に記入欄が出ます。

ドンドン、コメントお寄せ下さい!!
Powered by MogamiGenkiLab© 2009-
Theme designed by OCEAN-NET